• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
怪奇探偵小説名作選〈2〉渡辺啓助集―地獄横丁

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 516p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037022
  • NDC分類 913.6

内容説明

女性の目に入れられた義眼に異常な執着を示す男の物語「偽眼のマドンナ」。盗撮のレンズを通した女性に情欲を覚える男の姿を描いた「写真魔」。牧師を天職としながらも内奥に潜む悪を日記に綴る男の数奇な運命を描いた「聖悪魔」。自分を裏切った女と作品を酷評した批評家への復讐をたくらむ悪魔派探偵作家の仕掛けた罠を描いた「地獄横丁」などを収録。

著者紹介

渡辺啓助[ワタナベケイスケ]
1901年(明治34)秋田市生まれ。本名圭介。青山学院英語師範科、九州帝国大学史学科卒。中学教師を経て、29年(昭和4)「新青年」に『偽眼のマドンナ』を発表。エキゾティシズムとモダニズム、フェティシズムに満ちた作風で知られる。2002年(平成14)1月死去

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、ミステリ評論家・フリー編集者として活躍中