• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
小酒井不木集―恋愛曲線

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 511p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037015
  • NDC分類 913.6

内容説明

こんな凄い作家がいたとは!大正末期から勃興しつつあった探偵小説界に、医学者としての知識を駆使した作品群で多大な影響を与えた小酒井不木。安楽死、毒薬、人工心臓、人体実験など今も古びないモチーフと意外な結末。科学と神秘的世界が結合した世界をみごとに描き切った作風は、新鮮な輝きを放っている。好評「怪奇探偵小説傑作選」につづく、新シリーズ刊行開始。

著者紹介

小酒井不木[コザカイフボク]
1890年(明治22)愛知県生まれ。東京大学医学部卒業。生理学・血清学を専攻。医学博士。1921年(大正10)以降、病気療養のかたわら、執筆を始め、森下雨村の勧めで「新青年」などに作品を発表。医学的心理学的知識を駆使した作風で探偵小説界に衝撃を与えた。1929年(昭和4)没

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、ミステリ評論家・フリー編集者として活躍中