ちくま文庫<br> 怪獣な日々―わたしの円谷英二100年

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
怪獣な日々―わたしの円谷英二100年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 429p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036551
  • NDC分類 778.8

内容説明

ゴジラ、ウルトラマンなど日本が世界に誇る伝統技能・特撮。ウルトラシリーズのなかでも、ジャミラ、シーボーズなど異色の怪獣を送り出し、ファンを魅了した実相寺昭雄が、特撮の神様・円谷英二の生誕百年を節目に、みずからの怪獣な日々を振りかえる。円谷英二と、その仲間たちが作り出した映像の秘密や知られざる人物像、撮影現場での思い出などを綴ったファン待望の一冊。

目次

序章 消えかかった夢
第1章 ウルトラの星たち
第2章 怪獣協奏曲
第3章 ウルトラマン間奏曲
第4章 夢の断片
第5章 ある怪獣映画のこと
第6章 特撮映画の音楽
第7章 円谷英二讃仰
終章 怪獣な日々

著者紹介

実相寺昭雄[ジッソウジアキオ]
昭和12年東京生まれ。中国青島で育つ。青島での幼少期に金森馨(のちに舞台美術家)と出会い、大きな影響を受ける。早稲田大学卒業後、TBS入社。テレビ演出部を経て、映画部に転属、円谷プロへ出向。「ウルトラマン」などの特撮作品を監督。その後、フリーとなる。映画、舞台、CM、文筆など幅広い分野で活動している。現在、東京芸術大学演奏芸術センター教授