ちくま文庫<br> 定本 艶笑落語〈2〉艶笑落語名作選

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
定本 艶笑落語〈2〉艶笑落語名作選

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036322
  • NDC分類 913.7

内容説明

寄席では上演不可能なものが多いため、主として“お座敷ばなし”として、ひそかに語りつがれてきた、艶笑落語。好色的なおかしさ、あでやかな笑い―そのテーマはサゲは伝わっていても、形として残っているものの少ない往年の名作、傑作を、何人もの師匠の記憶をたしかめ、あるいは古い資料をもとにして、ほぼ原形に復元した。

目次

数取り
嵐民弥(いいえ)
故郷へ錦
クイ違い
紀州飛脚
菊重ね(なめる)
長持
大名道具
道鏡
かすがい
かつぶしや
魚の狂句
三軒長屋(お手々ないない)
まくら丁稚
羽根つき丁稚
風呂屋
かみなりの弁当
間男の松茸
疝気の遊び
与兵衛の張形
熊の皮
秋葉ッ原
けんげしゃ茶屋
付・相撲甚句

著者紹介

小島貞二[コジマテイジ]
1919年3月、愛知県豊橋市生まれ。新聞記者、放送作家を経て演芸・相撲評論家。日本放送作家協会々員、国立劇場演芸場運営委員、笑芸研究「有遊会」代表、相撲研究「貞友会」顧問、朝日新聞千葉版「千葉笑い」選者。著書に『落語名作全集』全7巻(立風書房)『漫才世相史』(毎日新聞社)『志ん生のびんぼう自慢』(立風書房)『決定版・快楽亭ブラック伝』(恒文社)『相撲丸豆本』全10巻(丘書房)『力士雷電』全3巻(ベースボールマガジン社)など150冊余