ちくま文庫<br> 遠い朝の本たち

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
遠い朝の本たち

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036285
  • NDC分類 019.04

内容説明

人生が深いよろこびと数々の翳りに満ちたものだということを、まだ知らなかった遠い朝、「私」を魅了した数々の本たち。それは私の肉体の一部となり、精神の羅針盤となった―。一人の少女が大人になっていく過程で出会い、愛しんだ文学作品の数々を、記憶の中のひとをめぐるエピソードや、失われた日本の風景を織り交ぜて描く。病床の著者が最期まで推敲を加えた一冊。

目次

しげちゃんの昇天
父ゆずり
ベッドの中のベストセラー
本のそとの「物語」
『サフランの歌』のころ
まがり角の本
葦の中の声
星と地球のあいだで
ひらひらと七月の蝶
シエナの坂道
小さなファデット
父の鴎外
クレールという女
アルキビアデスの笛
ダフォディルきんいろにはためいて…
赤い表紙の小さな本

著者紹介

須賀敦子[スガアツコ]
1929年生まれ。翻訳家・エッセイスト。主な著書に『ミラノ、霧の風景』(白水社、女流文学賞・講談社エッセイ賞)『コルシア書店の仲間たち』『ヴェネツィアの宿』(文春文庫)『トリエステの坂道』(みすず書房、新潮文庫)『ユルスナールの靴』(河出文庫)、『須賀敦子全集』(河出書房新社)などがある。またナタリア・ギンズブルグ、アントニオ・タブッキ、ウンベルト・サバなどの訳書の他、川端康成、谷崎潤一郎などの作品のイタリア語訳がある。1998年没