ちくま文庫<br> つげ義春を旅する

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
つげ義春を旅する

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 306p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036278
  • NDC分類 726.1

内容説明

「ガロ」の編集者だった著者がつげ作品の舞台となった風景をさがして東北の秘湯から漁港の路地裏までを訪ね歩く。砂煙のまいあがる会津西街道で見つけたワラ屋根のある景色や、老人たちとともに時間がとまった上州・湯宿温泉、赤線の雰囲気を残す東京下町など、貧困旅行を追体験する。失われた日本の風景のなかに、つげ義春の桃源郷が見えてくる!つげ義春との対談も収録。図版満載。

目次

「三岐渓谷」と秘湯への旅
「もっきり屋の少女」と会津西街道
「会津の釣り宿」と玉梨温泉
ワラ屋根のある風景―対談 つげ義春・高野慎三
「海辺の叙景」と外房の海
「初茸がり」「紅い花」「西部田村事件」と一軒の宿
「庶民御宿」と千倉漁港
「ねじ式」のモデルになった風景
「ゲンセンカン主人」と湯宿温泉
「旅の景色」つげ義春の旅
「猫町紀行」と宿場跡
「大場電機渡金工業所」を探して
「隣の女」と東京・錦糸町
「チーコ」「義男の青春」と路面電車の走る町
「四つの犯罪」「懐かしいひと」と湯河原温泉
「退屈な部屋」「夏の思い出」つげ義春の居る部屋
「散歩の日々」「無能の人」と武蔵野

著者紹介

高野慎三[タカノシンゾウ]
1940年東京生まれ。明治大学卒業後、「日本読書新聞」編集部を経て、青林堂に入社。「月刊漫画ガロ」の編集にたずさわり、つげ義春作品の誕生に編集者として立ち会う。かたわら故・石子順造、山根貞男、梶井純らと「漫画主義」を創刊する。その後、北冬書房を設立し、マンガ誌「夜行」の発刊など独自の出版活動をつづけている。筆名「権藤晋」のものを含め、主な著書に『「ねじ式」夜話』『「ガロ」を築いた人々』『宿場行』『旧街道』『街道案内』がある。つげ義春との共著に『つげ義春漫画術(上・下)』がある