• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
哲学者とは何か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480035585
  • NDC分類 104

内容説明

哲学研究書と哲学入門書があふれかえる日本に本当の哲学者はいるのだろうか。「日本で哲学するとはどういうことか」「ニーチェは「彼ら」の哲学者」「“こころ”とは何か」「カントの女性観」「哲学者の死」等々最も根源的な問いを発し続ける著者の評論集。巻末に大森荘蔵氏との対談二篇を収録。

目次

1 日本で哲学するとはどういうことか(拝啓哲学さま;哲学者のいない哲学ブーム;無用塾 ほか)
2 常識からの解放(自分自身になること;哲学に「志」はいらない;差別感情と「好き・嫌い」 ほか)
3 イマヌエル・カントという名の男(カントの女性観;孤独な哲学者・カント;モラリストの笑い ほか)
4 哲学者の死(哲学者の死;軽蔑し、軽蔑される;大森哲学の遺産 ほか)