筑摩選書<br> アガサ・クリスティーの大英帝国―名作ミステリと「観光」の時代

個数:

筑摩選書
アガサ・クリスティーの大英帝国―名作ミステリと「観光」の時代

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480016522
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0398

内容説明

英国を代表する「ミステリーの女王」アガサ・クリスティーはまた「観光の女王」でもあった。奇しくも同じ一八四一年に端を発する「ミステリ」(ポー「モルグ街の殺人」)と「観光」(トマス・クックによるツアー)は、束の間の「非日常」を楽しみ、平凡だが価値ある「日常」へと帰還する営みとして、大衆社会なかんずく大英帝国の繁栄の下、花開いた。その頂点をなすクリスティーの傑作群、六六作に及ぶクリスティーの長編の分析を通して、彼女が「ミステリ」と「観光」に託して描いた二〇世紀大英帝国の変容を明らかにする。

目次

第1章 ミステリと観光
第2章 試行の旅―一九二〇年代
第3章 異郷の旅―一九三〇年代
第4章 不安の旅―一九四〇年代
第5章 田園の旅―一九五〇~一九六〇年代
第6章 最後の旅―一九七〇年代

著者等紹介

東秀紀[アズマヒデキ]
1951(昭和26)年、和歌山県生まれ(生育地・東京)。作家、都市計画史・観光史家。NKK都市開発研究所長、清泉女学院大学教授を経て、首都大学東京教授を2016年に退職。早稲田大学理工学部建築学科卒業。ロンドン大学大学院建築・計画学部都市計画専攻修了(M.Phil)。第一九回歴史文学賞、2001年日本建築学会文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「ミステリの女王」アガサ・クリスティーはまた「観光の女王」でもあった。その生涯を「ミステリ」と「観光」を軸に追いながら大英帝国の二十世紀を描き出す。

東 秀紀[アズマ ヒデキ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件