続・秦氏の研究―日本の産業と信仰に深く関与した渡来集団の研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

続・秦氏の研究―日本の産業と信仰に深く関与した渡来集団の研究

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 630,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784479840770
  • NDC分類 210.3

内容説明

秦人・秦の民とはどのような人々か?八幡・稲荷・白山信仰に関わり、優れた「鍛冶」の技術、芸能・巫覡(ふげき)の技を持ち、古代日本の産業と信仰に深く関与したた渡来集団の実像に迫る。

目次

正史はなぜ河内の秦氏を無視するのか
弓月岳の麓の秦の民と兵主神信仰
大和国の鍛冶職の秦の民と多(太)氏
三輪氏以前の御諸山祭祀と秦の民
秦氏祭祀の八幡神と大神比義と丹生
大仏鍍金と丹生・赤染氏・秦の民
大仏造立に貢献した秦氏と秦の民
鷹に化身の鍛冶神と秦の民・和気氏
秦氏・秦の民と空海との深い関係
秦の民が祭祀する本来のイナリ信仰〔ほか〕