神と人の古代学―太陽信仰論

個数:

神と人の古代学―太陽信仰論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 581p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784479840749
  • NDC分類 163.1
  • Cコード C0020

内容説明

「日本(ひのもと)」という国号をもつ日本人の生き方の根源にある太陽信仰は、『記』『紀』が統治用に作ったタテ神話の天照大神の信仰ではない。真実の信仰を、縄文・弥生時代に遡り、さらに世界的視野に立って明らかにした、画期的日本論。

目次

古代日本人の太陽信仰
縄文時代の太陽信仰
弥生時代の太陽信仰―銅鐸論
弥生時代の太陽信仰―武器形祭器・鏡論
古墳時代初期の太陽信仰
天照大神以前の日神天照御魂神
天照御魂神を秦氏がなぜ祭祀するのか
天照大神以前の太陽信仰と関係氏族
天照大神の原像は日神の妻になる日女
太陽信仰と多氏・秦氏・三輪氏・賀茂氏〔ほか〕