楽しい考古学―遺跡の中で見る夢

個数:

楽しい考古学―遺跡の中で見る夢

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479840671
  • NDC分類 210.2

内容説明

飛鳥、奈良時代にも邪馬台国論争があった!古代史のなぜ?に考古学者が自由奔放に挑む!?歴史学の通説・定説をこえて、あらゆる可能性を検証する!石野さんの「新説・奇説」一覧収録。

目次

1 動く、古代海洋民
2 銅鐸は殺されたか
3 邪馬台国時代の大和
4 東北 縄文文化の繁栄
5 穴屋(竪穴建物)の中
6 弥生人―瀬戸内海と日本海沿岸
7 文明開花と邪馬台国
8 大和の古墳
9 豪族と古墳
10 神話と伝承
11 未盗掘古墳と和宮、そしてサル

著者紹介

石野博信[イシノヒロノブ]
1933年、宮城県に生まれる。関西学院大学文学部卒業。1961年関西大学大学院修了後、兵庫県教育委員会、奈良県立橿原考古学研究所部長、同研究所副所長兼附属博物館々長を経て、徳島文理大学文学部教授、香芝市二上山博物館長。兵庫県立考古博物館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)