17万人をAI分析してわかった 最強チームの条件を1冊にまとめてみた

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

17万人をAI分析してわかった 最強チームの条件を1冊にまとめてみた

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月12日 23時09分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479797715
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

内容説明

800社17万人の行動履歴、2.7万時間の会議、5万の資料、膨大なデータを調べてわかったビジネス・コミュニケーションの正解!

目次

第1章 なぜ日本企業は、世界一「コミュ力」が低いのか(日本人のコミュニケーションは、世界でいちばん「遠まわし」;「は」という一文字で人間関係は壊れてしまう ほか)
第2章 強いチームには、共通する「7つの原則」がある(失敗を責めず、「反映」をほめる;「セーフ&ファン」があるから、挑戦できる ほか)
第3章 エース社員たちは、こうして人を動かしている(できる社員が実践する「ほめ方」ベスト3;周囲を巻き込み、違いを見せるエースの「聴き方」 ほか)
第4章 強いチームは、「しくみ」でつくる(「困っている人」を助けたら加点するしくみをつくる;「360度フィードバック」で管理職の成長を促す ほか)

著者等紹介

越川慎司[コシカワシンジ]
株式会社クロスリバー代表取締役、アグリゲーター。株式会社キャスター執行役員。1996年に日本電信電話株式会社(現NTT)に入社し、営業と人事を経験。2001年、外資通信会社に入社したものの9カ月で破産。02年WebEXに参画、Web会議サービスでトップシェアを獲得。05年、マイクロソフト入社、最高品質責任者、業務執行役員などを経験。17年クロスリバーを設立、全メンバーが週休3日・複業・リモートワークで、オンライン講座やコンサルティングを提供。巻込力やパワポ作成術、会議ファシリテーション術などコミュニケーションに関する企業向けオンライン講座は受講生の満足度が高く平均94%。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あきら

24
早速明日から実践できるtipsが満載でした。

Ponyo

4
Linkedinでフォローしている方が面白い本と紹介していたので、さらっと読んでみた。面白いというのは、上手くいっている組織のコミュニケーションの中身をAI分析したってところ。別にAIで分析してもしなくても同じなのでは?というよくある内容で、そんな目新しいことは書かれていなかったけど、じゃあできているのかと言われるとそんなことはないので、その他情報と合わせて良いと考えたことは実践してみようという感じ。別の読み方として、周囲の上司などの言動を重ねてみるのは面白いし参考になる。2023/04/21

Taka

2
リーダーとしてのチームを強くするためのコミュニケーションを学べる本。 チームの生産性を上げる事例が多々あり、とても参考になりました。2023/04/01

☆ツイテル☆

2
フライヤー2023/03/13

ふぇたろ

1
良書でした。2020年代前半としてのビジネスシーンをよく表しています。 内容も的を得たものです。あとは読んだ内容を実践するかどうか。 「見える化ではなく、『見せる化』せよ」 はいい表現でした。2024/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20512915
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。