「教養」を最強の武器にする読書術

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「教養」を最強の武器にする読書術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 14時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794073
  • NDC分類 019

内容説明

環境、日本文化、政治、ポストモダン、歴史、哲学、宗教、心理、人種、日本語、自然科学、自己啓発の分野から「はじまりの一冊」「核になる一冊」を紹介!「文学マップ」「教養の入り口がわかるチャート」「文学の地図の歩き方」で、「何から読めばいいのか」「どう読めば文学の醍醐味がより楽しめるのか」がひと目でわかる!

目次

1 教養を人生の「武器」にせよ(教養とは知識ではなく、推測と許容の幅;読書をはじめる年代に「もう遅い」はない)
2 「はじまりの1冊」から教養を広げるノンフィクション読書術(環境―何を選択し、どう生きるかを考えるための教養;日本文化―無意識レベルで私たちの言動を左右するものの正体;政治―生きづらさを解消するために必要な教養;ポストモダン―近代の知性が果たした役割とは;歴史―壮大な時間軸から現在を捉える教養;哲学―「自分なりに読む」という教養)
3 「何からどう読む」か?文学作品を味わう読書術(文学を楽しみながら教養のベースをつくる;世界文学&日本文学、知の体系を知ろう;世界文学を「読み通せる」読み方、日本文学を「楽しめる」読み方;奇想天外小説で「脱・よい子」視点を磨く;ミステリーは深読み術を鍛える最適テキスト;時代小説は現代ビジネスマンの啓発書として読め;「いつか!」と思いながら手つかずの古典は読む順序が肝要;あなたに最適な教養の入口は?「文学マップ」の歩き方)

著者紹介

樋口裕一[ヒグチユウイチ]
1951年、大分県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程満期退学。仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小学生から社会人までを対象にした小論文指導に携わり、独自の指導法を確立。通信添削による作文、小論文専門塾「白藍塾」主宰。現在、多摩大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)