「母」がいちばん危ない―“いい娘”にならない方法

個数:
  • ポイントキャンペーン

「母」がいちばん危ない―“いい娘”にならない方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 21時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479794035
  • NDC分類 367.3

目次

第1章 母と娘のリスキーな関係(「母と息子」の関係より激しくて難しい;エキセントリック過ぎる母 ほか)
第2章 父と娘のセクシャルな関係(同性の子供、異性の子供;思春期の娘が父親を汚がる理由 ほか)
第3章 性愛と結婚のそぐわない関係(電車の中だから女のお尻に触る人;気質の作られ方、パーソナリティの作られ方 ほか)
第4章 自分と他人との分かちがたい関係(それを言葉にされると弱い…;動物的な直感 ほか)

著者紹介

斎藤学[サイトウサトル]
1941年、東京都生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医。医学博士。家族機能研究所代表。さいとうクリニック理事長。アルコール依存・薬物依存などの嗜癖(依存症)研究の第一人者である。セルフヘルプ(自助)グループの活動支援、執筆、講演などでも活躍中

村山由佳[ムラヤマユカ]
1964年、東京生まれ。立教大学文学部卒業。93年、『天使の卵 エンジェルス・エッグ』で第6回小説すばる新人賞受賞。2003年『星々の舟』で第129回直木賞、09年、ガラリと作風を変えた『ダブル・ファンタジー』で第22回柴田錬三郎賞、第16回島清恋愛文学賞、第4回中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)