• ポイントキャンペーン

成果を生む人が実行している朝9時前のルール―同じ時間と体験で人よりリターンを得る25の方法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479792918
  • NDC分類 159

内容説明

朝の時間を使いこなして、思い通りの「情報力×人脈力」をモノにするスーパーサラリーマンの「セルフブランディング術」。

目次

1 「朝9時前」にやるべきことを変えよ(会社に人生を捧げない生き方を目指す;やるべきことを優先しない;仕事の情報は、自宅で読まずに会社で読む;好きなことでスタートアップに勢いをつける;ラクに続けられる仕組みをつくる)
2 市場に流通していない情報を集める(会社という服を脱いでも通用する人になる;自動的に情報が集まる仕組みをつくる;情報は預けると利子つきで返ってくる;適切な距離感で情報を発信する;プライベートのコネを構築する;キャラクターを伝えてアクションの幅を広げる;出会いによって道が開かれる)
3 サラリーマンでもできるセルフブランディング(会社の外に持ち出せるスキルを磨く;企業のように自分をブランディングする;経験や好きなことを書き出してみる;自分のキャラクターをタブで覚えてもらう;仲間とのつながりでタグを強化する)
4 情報は1枚の名刺にまとめなさい(名刺は、あなたの情報を相手に残す切り札;どのタグを優先して載せるかを考える;達人たちのスゴ技を真似する;印象に残る出会いを演出する)
5 ナマの情報と人脈を集める朝食会活用法(朝食会は誰に目をつけるかで決まる;大勢から「リンク」を張られている人とつながる;手ぶらで人と会ってはいけない;いつもアクセスできる道をつくる)

著者紹介

美崎栄一郎[ミサキエイイチロウ]
1971年生まれ。大阪府立大学大学院工学研究科を修了後、大手化粧品メーカーで商品開発を仕事としている。サラリーマンとして働くかたわら、「築地朝食会」「ひみつの学校」など、サラリーマンのアウトプットの場としての勉強会や交流会を主催。毎月150人以上の社会人を集め、業務以外の情報交換により、1000人以上のゆるやかな社外ネットワークが生まれている。初の著書、『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)は、ベストセラーとなり、2010年ビジネス書大賞で第1位に選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)