• ポイントキャンペーン

親の毒 親の呪縛

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479791720
  • NDC分類 367.3

内容説明

問題のない親子関係なんてない。子供を傷つけたことがない親なんていない。いま、親子関係に悩み、苦しんでいる人へ。親から逃げ出したいと思っている人へ。親から精神的虐待を受けてきた当事者同士が心の軌跡と脱却への道を、ありのままに語る。

目次

第1章 毒をもつ親(繰り返す不可解な行為の正体;親が子を愛するのは当たり前? ほか)
第2章 親の欺瞞を暴く(子供を褒めない親の内面;家族の中に偽善者が一人いると ほか)
第3章 「親の壁」を乗り越える(母から真に解放されたとき;親殺しは誰もが通る道 ほか)
第4章 親子関係が人間関係を決める(親との問題が恋愛にもちこまれる;「献身的」恋愛が発生 ほか)
第5章 自分が生まれ変わるとき(親から独立するための第一歩;自分がなぜこうなったかを知るために ほか)

著者紹介

岸田秀[キシダシュウ]
1933年、香川県善通寺市に生まれる。早稲田大学文学部心理学科を卒業。和光大学名誉教授。フロイドの著作と出会う中から、人間は本能が壊れた存在であることを基調にした「唯幻論」を構築。人間心理から、歴史や社会現象まで分析を続けている

原田純[ハラダジュン]
1954年、東京都に生まれる。十五歳で和光学園高校を中退。その後、水商売を転々とする。子供を出産後、印刷会社に勤務。職業訓練校で学び、版下会社に勤めた後、径書房に入社。三年間大学の授業を聴講、竹田青嗣氏に師事。径書房代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)