だいわ文庫<br> 99歳、いくつになってもいまがいちばん幸せ

個数:

だいわ文庫
99歳、いくつになってもいまがいちばん幸せ

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年04月23日 21時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 217p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479306290
  • NDC分類 914.6

内容説明

老いて後の、人生の下り坂の景色もまたいいものです―。歳をとるということは、若いときには見えなかったものが見えたり、理解できたり、知恵をためた豊かな自分に出会えるということ。怠惰にならず、人に求めず、いま持っている幸せを感じていく。ささやかな喜びを一つ一つ拾い上げていけば、いくつになっても、きっと毎日「今日が最高!」。

目次

第1章 ひとり暮らしは面白い!
第2章 食いしん坊は元気の素
第3章 寄りかからない生き方―私からあなたへ
第4章 老いへのしたく
第5章 財産はおつきあい
第6章 私を励ましてくれたことば残したいことば
付録 大好きなおかず春夏秋冬
私の好きなお取り寄せ

著者紹介

吉沢久子[ヨシザワヒサコ]
1918年東京生まれ。文化学院卒業。家事評論家。エッセイスト。文芸評論家古谷綱武と結婚。家庭生活を支える一方、生活者の目線で女の暮らしを考え、暮らしを大切にする思いを込めた執筆、講演などの活動を行う。姑、夫と死別、65歳からひとり暮らし。良き協力者を得て、仕事も家事もひとりでこなし、常に前向きに心豊かな暮らしを続けている。なにより健康と人間関係にめぐまれていることに感謝している。朝日新聞連載の「吉沢久子の老いじたく考」は新しい老後の生き方・考え方を示し、「老後」の問題の先駆的提言となり、多くの読者の共感を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ひとり暮らしはこんなに面白い。食いしん坊は元気の素。もうすぐ100歳!ひとに寄りかからず、明るく素敵に老いとつきあう秘訣