だいわ文庫<br> 感じるからだ―からだと心にみずみずしい感覚を取り戻すレッスン

個数:

だいわ文庫
感じるからだ―からだと心にみずみずしい感覚を取り戻すレッスン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月30日 16時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 181p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784479305873
  • NDC分類 914.6

内容説明

仕事、母親、女であること、すべてに応えようとして傷ついているあなたへ。甘く香るように歳をかさねるために、もっと自分を赦すために、さわって、ゆるめて、寄りかかる、今日からできる「からだとの対話法」

目次

プロローグ
1 さまようからだ(自分のからだに触れなかった;まるくも、小さくも、やわらかくもなく;胸とお尻を受け入れられない ほか)
2 感じるからだレッスン(正しく立つと痩せたと言われた;どこへでも行けるからだ;デコルテは大人の宝石 ほか)
3 感じあうからだ(後ろから抱きしめて;やわらかな内側;甘く香るように歳をとる ほか)

著者紹介

光野桃[ミツノモモ]
東京生まれ。小池一子氏に師事したのち、女性誌編集者を経て、イタリア・ミラノに在住。帰国後、文筆活動を始める。1994年、デビュー作『おしゃれの視線』がベストセラーに。2008年より、五感をひらく時空間をテーマにしたイベント「桃の庭」を主催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

かたく、ちぢこまっていた体をほぐすことで、自分の心もゆるせるようになる。変化する女性のからだを見つめた新しい身体論。