だいわ文庫<br> 日本語の絶対語感

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
日本語の絶対語感

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 198p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479305545
  • NDC分類 379.9

内容説明

ことばの力が、知性を育む。しっかりとした「ことばの基本(絶対語感)」こそが、知的能力を伸ばす土台となる。91歳「知の巨人」が語る、子どもたちに伝えていきたい日本語の教養。

目次

第1章 誰にでもある「絶対語感」(生まれた直後から始まる、ことばの習得;こころを育てる「母乳語」 ほか)
第2章 耳のことば、目のことば(ゆっくり、かみくだいて、くりかえす;知的世界を開く「目のことば」 ほか)
第3章 はじめに、美しいことばありき(ことばは人なり;「お」ことば ほか)
第4章 絶対語感で伝える親のこころ(形式を軽んじる愚かさ;男ことば・女ことば ほか)

著者紹介

外山滋比古[トヤマシゲヒコ]
1923年、愛知県生まれ。東京文理科大学英文科卒。雑誌「英語青年」編集、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授(5年間、同大学附属幼稚園園長を兼務)、昭和女子大学教授を経てお茶の水女子大学名誉教授。文学博士。英文学のほか、読者論、テクスト論、教育論などで論考を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

東大生支持率No.1、大ベストセラー『思考の整理学』著者、最新刊! 91歳の「知の巨人」による、子どもを「天才脳」にするための「日本語の話し方」!