だいわ文庫<br> 徳川十五代闇将軍

個数:
電子版価格 ¥626
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
徳川十五代闇将軍

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 11時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479305361
  • NDC分類 210.5

内容説明

二百六十年を超える歴史を誇った徳川幕府。日本史上最長の政権が生まれた背景には、事実上、権力を掌握し、自ら幕政を動かした「十五代の闇将軍」がいたからにほかならない。柳沢吉保、田沼意次、松平定信、井伊直弼など、悪く語られがちな闇将軍だが、実は名君であり、そうでなければ幕府はとっくに滅んでいた―。忘れられ、捏造された、真実の江戸史に迫る!

目次

第1章 幕藩体制の礎を築いた4代(初代「闇将軍」本多正信―家康から全幅の信頼を寄せられた「タヌキ親父」以上の「タヌキ」;2代「闇将軍」南光坊天海―幕府の宗教政策をひとりで完成させた「関東の大僧正」;3代「闇将軍」松平信綱―江戸時代で最大の内乱を鎮めて老中首座に上った「知恵伊豆」;4代「闇将軍」酒井忠清―生まれながらに老中を約束された後世の悪名が哀しい「下馬将軍」)
第2章 将軍の権威を超越した3代(5代「闇将軍」柳沢吉保―失政や没落とは皆無の史実 「極悪側用人」の評に異議あり;6代「闇将軍」新井白石―幕政の思想的柱石を創出したブレーンの「遅すぎた登壇」;7代「闇将軍」間部詮房―これぞ闇将軍にふさわしい「猿楽大名」の数奇なキャリア)
第3章 中興の変革期を乗り越えた3代(8代「闇将軍」松平乗邑―「暴れん坊将軍」を抑えられた唯一の忠臣は経済政策の旗手;9代「闇将軍」大岡忠光―前代未聞かつ空前絶後の幕閣 日本史上唯一の「将軍の通訳」;10代「闇将軍」田沼意次―「贈収賄政治家」の正体は貨幣社会を目指した重商主義者)
第4章 幕末動乱の一端となった3代(11代「闇将軍」松平定信―“寛政の改革”で失敗した後も影響力を保持し続けた元将軍候補;12代「闇将軍」水野忠邦―幕藩体制崩壊の序曲を聴いた「理想主義」を掲げる野心家;13代「闇将軍」徳川斉昭―頼もしいのか、ありがた迷惑か 御三家の慣例を破った「烈公」)
第5章 維新の激動期に舵を取った2代(14代「闇将軍」井伊直弼―まさに闇将軍の代名詞 幕末期最大のキングメーカー;15代「闇将軍」島津久光―外様大名ですらなかったのに幕政を揺るがせた薩摩の国父)

著者紹介

熊谷充晃[クマガイミツアキ]
1970年生まれ、神奈川県出身。フリーライターとして編集プロダクションに在籍、後に週刊誌の専属フリー編集記者。歴史、芸能、社会時事ネタ、健康など幅広いジャンルで執筆。現在、複数の単行本を刊行しているほか、雑誌やムックでも活動中。日本史では奈良朝以前の古代や戦国時代、西洋史では古代ギリシャ時代やハプスブルク家、中国史では春秋戦国時代や三国時代、ほか世界各地の古代文明などを中心に探究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)