パワー・プレゼンテーション―説得の技術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478760949
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C2034

内容説明

プレゼンでは、ウィッフィー―相手にとって、何の意味があるのかを常に問い続けることが重要だ!Yahoo!、マイクロソフト、インテルなど、世界を代表する企業をクライアントに持つプレゼンテーション・コーチングの第一人者が「勝利の方程式」を提言。

目次

第1章 説得力のあるプレゼンテーションとは
第2章 聞き手にメリットをもたせる
第3章 創造的な作業:ブレインストーミングを活用する
第4章 話に流れをつくる
第5章 聞き手の心を一瞬でつかむ
第6章 視覚に訴える
第7章 文字に語らせる
第8章 数字に語らせる
第9章 主役は発表者である
第10章 話に息吹をもたらす
第11章 プレゼンテーションをカスタマイズする
第12章 メジャー・リーグのマウンドに登る

著者等紹介

ワイズマン,ジェリー[ワイズマン,ジェリー][Weissman,Jerry]
役員向けのコーチングセッションで著名なビジネス・プレゼンテーションのコンサルタント。主要顧客には、ヤフー、イーベイ、インテル、インテュイット、シスコシステムズ、マイクロソフト等がある。本書で紹介している技法を使って約400社の新規株式公開向けプレゼンテーションの支援の他、公開・非公開合わせて数百社のビジネス・プレゼンテーションの支援をしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kanaoka 55

5
説得とは聞き手を行動に向かわせる為の基本手段であり、このゴールを念頭に全てを計画し実行する。生身の人間である聞き手を理熟知し、聞き手思考になり、聞き手を動機づける。展開のパターンはアートであり、Less is moreである。 明晰かつ戦略的な思考を持ち、真摯に努力する。努力に対して最も効果的なのは相手に合わせること、カスタマイズであり、これは芸術の領域である。 説得とは、食うか食われるかの戦いである。その場の指揮権を握り、聞き手に「なるほど!」を連発させ、勝利をつかみ取ることである。 2016/07/03

westwing

3
15年前に出版された本だが、今も色褪せることのない良書だ。本書のコンテンツを駆使、練習を重ね、当日の朝までひたすら準備を重ねる大切さを認識した。過去にプレゼン資料を作って終わりという感じで臨んで、後悔したこともある。プレゼンはあくまでも手段であり、目的はA地点からB地点に、聞き手を連れて行くことだ。2019/03/14

ゆき

3
会社の先輩に買わせた本w。前半と後半でガラッと展開されていてびっくり。会社の机の上に置いておこう。2013/11/29

ルル

2
プレゼンの教科書です2016/01/06

ふーいえ

2
どうしても自分主点のプレゼンになりがち。プレゼンとは、説明して相手に決断させ実行させること。説明して終わりではない。2013/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/523550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。