アングロサクソン・モデルの本質―株主資本主義のカルチャー 貨幣としての株式、法律、言語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 487p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478390214
  • NDC分類 335.4
  • Cコード C3030

内容説明

アメリカ型ビジネスモデルとは何か。そのビジネスカルチャーをアングロサクソンのカルチャーから説き起こし、歴史と伝統を受け継いでアメリカ産業・金融ビジネスのなかで確立されたビジネスの原理と方法論を検証。今や「デファクトスタンダード」としてグローバル・スタンダードの地位を占めるに至った、アメリカの株主資本主義の特質をその基本要素である「貨幣」「法律」「言語」の三要素(三種の神器)から解明、これをいかに受容するかが日本企業生き残りのカギになると説く。エンロン不正会計事件とネットバブルの破綻にも詳細に論及する。

目次

第1章 国際ビジネスの新潮流
第2章 アングロサクソン・モデルの系譜
第3章 アングロサクソンのビジネスカルチャー
第4章 株式を重視する貨幣観
第5章 コーポレート・ガバナンスを形作る法律観
第6章 アングロサクソンの言語表現
第7章 アングロサクソン・モデルの主役、投資銀行

著者等紹介

渡部亮[ワタベリョウ]
1970年、一橋大学経済学部卒業、株式会社野村総合研究所入社。1972~74年、ロンドン・ビジネススクール留学。1974年より1982年まで、同研究所で企業財務調査、為替予測、米国経済予測などを担当。1983~89年、同研究所ニューヨーク駐在エコノミストを経て、ワシントン支店長。主に米国政治・経済・金融調査などを専門とする。1990年、同研究所経済調査室長、1991~92年、投資調査部長として日本株投資戦略を担当。1993年より野村総合研究所ヨーロッパ社長となり、99年まで同研究所の欧州業務を統括。1999~2001年、株式会社いちよし経済研究所社長となり、主に日本の新興成長企業の調査活動を行う。2002年に同社社長を退任。同年、法政大学経済学部教授に就任、現在に至る。日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会会員、英国王立経済社会研究所(NIESR)理事。現在、法政大学国際経済学科で「国際ビジネス論」を担当している。1947年、東京生まれ。東京在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本企業はアメリカン・マネジメントに染まろうとしている。はたしてこれが正解なのか、落とし穴はないのか。効率や株主価値の行きすぎた追求に罪はないのか。その原点にあるアングロサクソン文化を繙きながら、その有効性について再検証する。