個数:
電子版価格
¥1,386
  • 電書あり

71歳、団地住まい 毎朝、起きるのが楽しい「ひとり暮らし」―がんを乗り越えてわかった本当の幸せ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月17日 23時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478118467
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0077

出版社内容情報

お金、病気、人間関係……将来に対して漠然とした不安を抱いている人は多く、年をとれば、その傾向は強まります。波乱万丈の人生を送りつつ、今あるもので人生を楽しんでいる71歳の著者が、老後に漠然とした不安を感じている読者に元気と勇気を与えてくれます。

父親が会社を経営する裕福な家庭に生まれ、大学を卒業して間もなく結婚。三人の子どもを授かるも、性格の不一致から離婚。実家に出戻ったものの、父親の会社が倒産……裸一貫で整体院で働くようになり、人生を切り拓いてきました。

しかし、61歳になったとき末期寸前のがんを患い闘病するなど、浮き沈みの激しい人生を歩んできました。しかし、今では過去にとらわれず、小さなことも気にせず、等身大の自分で楽しい日々を送れるようになっています。

そんな著者のライフスタイルを【人間関係】【食事】【睡眠】【健康】【メンタル】【ファッション】【インテリア】 【パソコン】というテーマごとに紹介。老後に漠然とした不安を抱いている人、人生ここから先は知りすぼみのように感じている人、不満はないけれども、これといって楽しいこともないと感じている人が、まだ人生はこれから、楽しみは日常にたくさんあるということを知って、人生を好転させるきっかけになる本です。

内容説明

お金をかけず、自分でアレンジ!頑張らない、無理をしない。ちょっとした工夫で豊かな生活。ひとりで楽しむノウハウ満載!

目次

序章 離婚、倒産、闘病…でも今、笑って生きています
第1章 人間関係 我慢しない…ワガママなくらいがちょうどいい
第2章 食事 簡単にパパッとつくっておいしく食べる…しょうゆ麹、コンソメ麹、ぬか漬け、発酵ドリンク
第3章 睡眠 疲れを翌日に持ち越さないようにしています
第4章 健康 無理せず、頑張らず、体を鍛えています
第5章 メンタル 思い出を大切にしても過去には執着しません
第6章 ファッション 既製服もアレンジしてオシャレに着こなします
第7章 インテリア DIYって、やってみると意外と楽しいんです
第8章 パソコン 動画編集も自分でやってしまいます

著者等紹介

ソネジュンコ[ソネジュンコ]
1952年大阪府生まれ。父親が会社を経営する裕福な家庭に生まれ育つ。裕福な家庭に嫁ぎ、3人の子宝に恵まれたものの離婚。子どもたちとともに実家に戻るも、父親が営む会社が倒産し、住む家を失う。貯金も底をつき、子どもたちとともに食べていくため、体当たりで働いた整体院でつかんだノウハウをもとに独立した。しかし、61歳で末期寸前のがんに。不安を抱えながらの人生も、小さなことは気にせず、料理・手芸・洋裁・DIY・パソコンなど、お金をかけずに今を楽しんで毎日を送っている。現在、大阪市郊外の団地でひとり暮らし(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Paku501

1
題名がいいですね2024/04/29

ふく

0
図書館新刊予約。タイトルが途中までしか見えなかったので、「71歳」「団地」「楽しい」「ひとり暮らし」というイメージだったが…がんサバイバーの話だった。最近読んだ清水研「もしも1年後この世にいないとしたら」に出てきた「心的外傷後成長」を連想した。とはいえ闘病体験談ではなく、裕福だった出生から現在までの半生と、パワフルでアクティブなライフスタイルも。「私は」という書き出しが、押し付けがましくなくて良いと感じた。2024/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21629186
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。