精神科医Tomyが教える心の執着の手放し方

個数:
電子版価格
¥1,287
  • 電書あり

精神科医Tomyが教える心の執着の手放し方

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年04月15日 09時35分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478116128
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

生きていれば、いろいろと辛いこともあるし、やりきれないこともある。



日々ストレスがたまりがち……



夜、ふとんに入ると、いつの間にかネガティブな心に覆われたりすることもある。ほんの些細なモヤモヤも、それが積もれば大きな悩みになって、毎日が憂うつになる。



けれど、考え方の悪いクセをなおすだけで、悩みは消えてなくなる。



この本では、精神科医である著者自身が、これまで抱えてきた葛藤を赤裸々にしつつ、多くの人が抱えがちな悩みの解決法を



[攻 撃][問 題][期 待][他 人][行 動][感 情][将 来][目 標]という読み切り小説仕立ての8つの物語と、わかりやすい解説とともに説いてくれる。人気シリーズ『精神科医Tomyが教える1秒で~』のスピンオフ企画。

内容説明

誰だって幸せになれる。「もうイヤだ」と思ったときに読む8つの物語。行きたいところは行きたいうちに、行っておいたほうがいい。

目次

攻撃
問題
期待
他人
行動
感情
将来
目標

著者等紹介

精神科医Tomy[セイシンカイトミー]
1978年生まれ。某名門中高一貫校を卒業し、某国立大学医学部卒業後、医師免許取得。研修医修了後、精神科医局に入局。精神保健指定医、日本精神神経学会専門医。精神科病院勤務をへて、現在はクリニックに常勤医として勤務。2019年6月から本格的に投稿を開始したTwitter(@PdoctorTomy)が話題を呼び、半年もたたないうちに10万フォロワー突破。2022年11月時点で37万フォロワー突破と人気がさらに急上昇中。舌鋒鋭いオネエキャラで斬り捨てる人は斬り、悩める子羊は救うべく活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かずぼう

34
考え過ぎず、自分の気持ちに自由に生きようというところか。先日You Tubeで、精神科医に自殺が多いと知った、人の悩みを聞くプロでさえ、暗黒面に引きずり込まれてしまうのか。それが素人であればなおさら・マイナスの言葉を使うのは控えよう。またあるYou Tubeでは、ポジティブな人に『なぜマイナスの言葉を使わないのか?』聞いたところ、『誰も得しないから』ウ~ンいいトコ突いてる。2023/07/05

ロクシェ

14
評価【○】オネエキャラの精神科医・Tomy氏による自己啓発系小説。図書館の新刊でたまたま見かけて興味を持ったのですが、Twitterフォロワーが38万超えの人気のある方みたいですね。さまざまな悩みを抱えた登場人物がある日、人通りの少ない雑居ビルにある「Tomyの相談室」にふらりと迷い込む。そこで相談者は彼から今の状況にぴったりな言葉が書かれたカードをプレゼントされ、その言葉をもとに自分の力で未来を切り開いていくという物語になっています。本書は続編らしいので、前作『心の荷物の手放し方』も読んでみたいですね。2023/02/16

たっきー

11
タイトルをみて、考え方、心のもち方についてのヒントを得られるかと思って読んでみた。そういった要素だけでまとめられている本ではなく、8つのストーリーのなかで1つのヒントだったので、物足りなさを感じた。「生きるのは、山登りとは違う〜そこに山があっても、登らなくてもいい。〜楽しそうな生き方でいい。」が私には1番必要な考え方かと思った。2023/04/09

Junya Akiba

5
考え方次第で気分も変わるし落ち着ける。心の中でつっかえているものを取り除くのは難しい。柔軟な価値観を持ち、人に期待せず押し付けず、、、分かっちゃいるけどなかなか出来ないことですね。本書に出てくるカードのように言葉にしてくれるとよく考えられるし、すっと納得できるのかも知れない。心温まる8つの物語でした。2023/08/15

riemik

3
こっちは後作なんですね。 今、友達に距離を置かれてて、メンタルが弱っていて、なんとか修復したいと思う反面、あることないことを私のせいにされて傷つき、修復しない方が自分のためなのか、その執着や依存から解放される手がかりになるかと手に取りました。 先が見えないときは先を見ないが1番ささりました。自分としては先が見えないので、じゃあ、先を見ず、山登りはせず毎日を大切に生きることを優先してみようかなと思えました。サラッと読める一冊でした。2023/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20288724
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。