変異する資本主義

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

変異する資本主義

  • 提携先に38冊在庫がございます。(2022年01月27日 20時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478114803
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C0033

出版社内容情報

「覇権戦争」と「パンデミック」がもたらす「変異資本主義」とは何か?この一冊で、凶暴化する世界の「深層」がわかる。

内容説明

わずか5年で、世界は完全に変わった。衰退するアメリカ、軍事大国化した中国、すでに始まった戦争、そしてパンデミック。世界のパワーバランスが音を立てて崩れ、「資本主義」もその姿を大きく変え始めた。経済学、政治学、地政学、国際関係論などを駆使し、凶暴化する世界の「深層」を解き明かす。

目次

第1章 静かなる革命
第2章 「長期停滞」論争
第3章 自滅する「資本主義」
第4章 21世紀の富国強兵
第5章 覇権戦争
第6章 ハイブリッド軍国主義
最終章 来るべき世界

著者等紹介

中野剛志[ナカノタケシ]
1971年神奈川県生まれ。評論家。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papico

7
筆者にしては大きめの文字で、資本主義の動向、とりわけリーマンショック以降の構造変化、アメリカの弱体化、中国の台頭とそれを可能にしている国家戦略、グローバル化の敗北とナショナリズムの復権、新自由主義の理論を根底から揺るがす「非対称性」という概念に至るまで、バイデン政権の大規模財政出動から始まった考察がどんどん深掘りされていき夢中になった。官僚として日々の職務に取り組みながら、パラダイムシフトを迎えつつある世界の現状を洗練された多面的分析と洞察でタイムリーに世に問いかける筆者の能力に、もはや恍惚としてしまう。2021/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18726998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。