お金持ちがしている100の習慣

個数:
電子版価格
¥1,584
  • 電書あり

お金持ちがしている100の習慣

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月16日 06時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 448p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478113080
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

6万5千部突破のベストセラー!『成功者がしている100の習慣』の第二弾。

今回のテーマは、

お金持ちはどんな行動パターンと思考様式を持っているか?

著者は国際的に活躍するイギリスのコーチング第一人者であり、数多くのクライアントにコーチングをおこなってきました。本書では、その経験から導き出したお金持ちに共通する100の習慣を紹介しています。

「お金持ちが心掛けていること」や「お金を貯めるために、やっておいた方が良いこと」を、各章2つのセクションに分けて解説。前半では習慣のポイントをわかりやすく説明します。後半ではその習慣をどのように実践すればよいか、ワークなどをまじえ具体的な方法を紹介します。

「あなたはなぜお金持ちになりたいのか?」本書のアドバイスはこの問いからはじまります。しっかりと目標設定をし、紹介されている習慣を実践することが、お金持ち、そして真の豊かさへの近道です。



<本文より>

□「どれくらい裕福になりたいか」についての目標を定める

一生懸命働き、貯金し、投資をすれば、誰でも今より裕福になれるでしょう。しかし、どれくらいの資産をつくればよいか、はっきり見えているでしょうか? もし働くのをやめる、世界中を旅行する、慈善団体に寄付をする、子供たちに経済的な援助をする、といったことが望みなら、そのためにいくらお金が必要になるかがわかっていますか?



□富を見せびらかすことが楽しいと感じたら注意する

人よりも経済的に成功していることで「ハイ」な気分になったり、単に周りに見せびらかしたいがために無駄なモノや経験にお金を使ったりするようになるのは良くありません。それは自分の本当の幸せのためではなく、自尊心を満たしたいから行動しているのにすぎません。

人よりも裕福であることによって得られる幸福感や充実感には、何のメリットも意味もないのです。

内容説明

豊かさとは何か?お金持ちは知っている。英国の超一流コーチが教える「経済的に成功する心がまえとやることリスト」実践しよう、今すぐに!

目次

お金持ちになりたい理由を明確にしている
豊かさのデメリットも熟知している
必要な資産額を答えられる
「自分は裕福になるに値する人間である」と信じている
目標と計画に基づき行動している
甘い儲け話にだまされない
お金で幸せは買えないことを知っている
今すぐ、行動する
支出をコントロールしている
無一文からでも、成功を切り開こうとしている〔ほか〕

著者等紹介

カンバーランド,ナイジェル[カンバーランド,ナイジェル] [Cumberland,Nigel]
作家、リーダーシップ・コーチ。1967年、イギリスのヨーク生まれ。ケンブリッジ大学卒業。世界最大級の人材サービス会社Adeccoや世界3大ミシン糸メーカーCoats plcで財務部長を務めた。シルクロード・パートナーシップの共同創立者。ロンドンとドバイを拠点に、同社を通じて企業幹部を対象にリーダーシップ・コーチングやメンターリングをおこなう。ハーバード大学メディカル・スクール附属コーチング養成機関の創立研究員でもある。これまで香港・ブダペスト・サンチアゴ・上海・ドバイで暮らし働いた経験から人生で成功するヒントを得た。出版した8冊の著書は、ドイツ・中国・ポルトガル・スペイン・ロシア・チェコ・スロバキア・ルーマニア・ドバイをはじめとする中東諸国・ブラジルなどの各国で翻訳されており、『成功者がしている100の習慣』(児島修訳、ダイヤモンド社)が日本でもベストセラーになっている

児島修[コジマオサム]
英日翻訳者。1970年生まれ。立命館大学文学部卒業(心理学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

55
「お金持ちになる人は正しく納税して晴れやかに生き、お金持ちにならない人は税金をごまかし後ろめたさを感じている」だそうです。いくら政治家が悪事を働こうが、私たちは正しく納税して晴れやかに生きたいものです。「損失を他人のせいにしない」、「賢い友人付き合いをしている」など、読んで簡単に理解できることなので、理解し実践すればお金持ちに近づけるかも知れません。2024/01/13

みゃーこ

17
お金持ちになるノウハウだけではない。ここに書いてあることは生き方の真理。やみくもにお金持ちになりたいと人は思うが、何のためにお金持ちになりたいかとまで考えていないことに気付かされる。ここに書かれている100の習慣全て頭に入れることは出来ない。しかし、お金持ちになる道は誰にでも開かれていることに気付かされる。目的意識を持って到達したとしても、最後の習慣100で問われる…「死ぬ瞬間に悔いを残さない為」で。私たちはどう生きるべきか?を。お金、健康、心。どれもが繋がっていることに気付かされる大切な考えが凝縮してい2024/06/09

あつお

17
お金を稼ぎ、守るための本。 人間にとってお金はドーパミン的な快楽。有れば有るほど喜びを感じるが、その欲望に上限が無い。そんなお金と上手く付き合う方法を紹介するのが本書。主な内容は①他人に与える、②堅実に守る、③賢く運用する、。①について、お金は他者に価値を与えた対価。まずは与える意識を。②について、稼いだお金は詐欺師やセールスマンに狙われる。自分の価値観を明確に、堅実に使おう。③について、稼いだお金自身に働かせる。社会情勢を基に、投資などで賢くお金を運用しよう。2022/11/17

mazda

14
お金は、ないよりはあった方がいいからな~。長期的、俯瞰的に世の中を見ることができれば、少しはこちらの世界に近づけるかな?2022/10/16

left7

13
習慣というよりは考え方という感じでしょうか。自分はお金持ちではないので、できているものもあればできていないものもたくさんありました。自分の性格的にどうしても難しいものもありましたが、そこができないとお金持ちにはなれないのかもしれません。一つの項目についてコンパクトにまとめられていて必要な時に読み返すのは難しくないので、手元に置いておいておこうと思います。2022/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18092729
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。