突き抜けるまで問い続けろ―巨大スタートアップ「ビジョナル」挫折と奮闘、成長の軌跡

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

突き抜けるまで問い続けろ―巨大スタートアップ「ビジョナル」挫折と奮闘、成長の軌跡

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478113073
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

4000億円の転職市場を変えた「ビズリーチ」、急成長を支えた「問い」の立て方が身につく

内容説明

ビズリーチ創業ノンフィクション。急成長の秘密は「問いを立てる力」にあった!

目次

第1章 巨大スタートアップ上場―変化こそ存続の条件
第2章 楽天イーグルスの教え―三木谷・島田・小澤という傑人
第3章 ビズリーチ創業―門外漢だから見えた勝機
第4章 論理と勝ちグセのある組織をつくる―人の意識に働きかけろ
第5章 テレビCMの衝撃―突き抜けるまでやり切る
第6章 ビズリーチの次―挫折こそ進化の源泉
第7章 グループ経営移行―率いるのではなく支える
第8章 選ばれる会社の条件―事業は社員との約束

著者等紹介

蛯谷敏[エビタニサトシ]
ビジネス・ノンフィクションライター/編集者。2000年日経BP入社。2006年から『日経ビジネス』の記者・編集者として活動。2012年に日経ビジネスDigital編集長、2014年に日経ビジネスロンドン支局長。2018年7月にリンクトイン入社。現在はマネージング・エディターとして、ビジネスSNS「LinkedIn」の日本市場におけるコンテンツ統括責任者を務める。これからの働き方、新しい仕事のつくり方、社会課題の解決などをテーマに取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ペリ

15
ビズリーチ創業者、南さんのルーツと創業から上場までのストーリー。順調にサービス成長してるように見えた姿とその裏側。今は当たり前になってるサービスの立上げと社会課題。あるようであまりない類のビジネス書と思います。楽天イーグルスの立上げメンバーとその取り組みも面白かった。2021/07/18

Good Tomorrow

7
ビズリーチ創業者の南〝スイミー〟壮一郎さんの、ルーツと創業から上場までのノンフィクション。今年45歳、同い年の南さんの仕事に凄く良い刺激を頂いた一冊。自らの生き方を見つけるヒント、問いを立てる力を磨く。自分の内面を正しく理解することと、仲間づくりの大切さ。「内なる問い」と「外向きの問い」、突き抜けるまで問い続ける行動力、見習いたい!2021/08/28

たくみくた

4
61冊目。南さんの言葉ではないが、小澤さんの「要素分解→成功事例を調べ尽くす」が特に印象に残った。事業を構成している要素を最小単位まで分解し、それぞれの要素についての成功事例を調べ尽くす。世の中の大抵のことは、自分が初めて考えたものではなく、誰かが既に実践している。まずは謙虚にその事実を理解し、成功事例をできるだけ集めて、そこから意思決定の判断軸を作っていく。ここまでやり切っているからこそ、楽天は初年度から黒字できたのかと合点がいった。シンプルなことでも、高く基準を持ってやりきれるかがプロの凄みだなと。2021/08/13

okhiroyuki

3
面白くて一気に読み終えた。色んな要素が垣間見れたけども、事業と人はセットであるという言葉が複数回出てくる点に、一人でできることの限界を超えるには良い人材との出会いが不可欠であることが伺える。最後の方に、これから求められる会社のポイントがサラッと書いてあるけど、そこは納得しかない。これをやれば絶対に良いという成功事例のない不確定な時代に相応たるストーリーで読み応えがあった。2021/07/11

GameMogmo

2
物語風で読みやすく、かつ事業や仲間集めに必要な要素が繰り返し具体的にまとめられていて勉強になりました。物作りと営業の関係など今の会社に適用できそう2021/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17933559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。