絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている

個数:
電子版価格 ¥1,683
  • 電書あり

絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている

  • ウェブストア専用在庫が5冊ございます。(2022年05月21日 03時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478112724
  • NDC分類 430.4
  • Cコード C0043

出版社内容情報

火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、金・銀への欲望が世界をグローバル化した、石油に浮かぶ文明、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器・・・。



化学は人類を大きく動かしているーー。



人類の歴史は化学とともに発展してきた。「化学」は、地球や宇宙に存在する物質の性質を知るための学問であり、物質(モノ)同士の反応を研究する学問である。始まりは、人類史上最大の発明とも呼ばれる「火」(燃焼という化学反応)の利用である。人類は火を利用することで、土器やガラスを作り、鉱石から金属を取り出すようになり、生のままでは食べるのが困難だった動物や植物も捕食の対象に加えて、生存範囲を飛躍的に広げていった。



現代では、金属やセラミックス、ナイロンのような合成繊維から、ポリエチレンのようなプラスチック類、高性能な電池、創薬などの新しい物質や製品を生み出しているが、いずれも化学の成果に下支えされている。つまり、化学は、火、金属、アルコール、染料、薬、麻薬、石油、そして核物質と、ありとあらゆるものを私たちに与えた学問と言える。



本書は、化学が人類の歴史にどのように影響を与えてきたかを紹介する、白熱のサイエンスエンターテインメント!化学という学問の知的探求の営みを伝えると同時に、人間の夢や欲望を形にしてきた「化学」の実学として面白さを、著者の親切な文章と、図解、イラストも用いながら、やわらかく読者に届ける。

内容説明

化学は人類を大きく動かしている―。火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、金・銀への欲望が世界をグローバル化した、石油に浮かぶ文明、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器…。

目次

すべての物質は何からできているのか?
デモクリトスもアインシュタインも原子を見つめた
万物をつくる元素と周期表
火の発見とエネルギー革命
世界でもっともおそろしい化学物質
カレーライスから見る食物の歴史
歴史を変えたビール、ワイン、蒸留酒
土器から「セラミックス」へ
都市の風景はガラスで一変する
金属が生み出した鉄器文明
金・銀への欲望が世界をグローバル化した
美しく染めよ
医学の革命と合成染料
麻薬・覚醒剤・タバコ
石油に浮かぶ文明
夢の物質の暗転
人類は火の薬を求める
化学兵器と核兵器

著者等紹介

左巻健男[サマキタケオ]
東京大学非常勤講師。元法政大学生命科学部環境応用化学科教授。『理科の探検(RikaTan)』編集長。専門は理科教育、科学コミュニケーション。1949年生まれ。千葉大学教育学部理科専攻(物理化学研究室)を卒業後、東京学芸大学大学院教育学研究科理科教育専攻(物理化学講座)を修了。中学校理科教科書(新しい科学)編集委員・執筆者。大学で教鞭を執りつつ、精力的に理科教室や講演会の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

111
前半は原子論、元素、燃焼、周期律表など「化学」の学問的な歴史が示され、後半は、金属、食品、ビール、セラミックス、ガラス、鉄、金・銀、合成染料、医薬品、石油などの項目ごとに、開発の歴史や重要な人物がエッセイ風に紹介される。「絶対に面白い」というタイトルほど面白いとは思わないが、雑学的な知識は得られる。こうして概観すると、麻薬・酒・煙草による社会の乱れ、医薬品や殺虫剤の副作用、廃プラによる環境汚染など、化学による負の側面も目に付く。何より本書の到達した最終章が「火薬」「化学兵器と核兵器」というのが象徴的。2021/04/11

活字の旅遊人

62
18章立て。4章までは、古い化学史、哲学史なのだが、以降の具体的なモノにまつわる話題は、「世界史は化学でできている」と言いたくなるのも納得。でもやはり前半が無いと一般向けの本としては成り立ちにくいか。周期表や元素の話は、高水裕一「宇宙人と出会う前に読む本」と併読の形になり、ワクワクできた。ということで、やはり自分は原理追求系の方が好き。でも、高校時代からなんとなく避けている高分子や有機、あるいは応用化学的なところも興味はある。素材系は面白いけどなー。本書をとっかかりにそういう方向にもアンテナを伸ばしたい。2021/11/27

d2bookdd

61
『世界史』と『化学史』が、よく分かりやすく、まとめてあります。脈々とした人類の歴史を再認識しました。丁度、自然災害が世界各国で目に付くようになっており、これからの『化学』に求められる内容も納得しました。2021/07/23

おせきはん

45
物質を対象とする自然科学である化学の視点から、ヒトとモノの関わり、進歩の歴史を解説しています。医薬品に限らず有用で画期的と思われたものに当初は気づかなかった副作用があることは少なくありませんが、様々な分野の専門家の知見を結集して課題の解決に向けた挑戦と試行錯誤が続くことを期待します。夫の化学兵器開発に反対した化学者クララ・ハーバーや「人間性を失わなかった物理学者」リーゼ・マイトナーを知ることもできてよかったです。2021/09/14

ミライ

36
人類の歴史を変えてきた「化学」について語られた一冊(入門書とあるが文系にはちょいと難しい箇所もあり)。自然科学や化学がどのようにして生まれたかの歴史から、ビールやワイン、エネルギー革命、ガラスやドラッグ、化学兵器・核兵器まで、化学の成果が私たち人類の歴史にどのように影響を与えてきたかが語られる。中でも、カレーライスを構成するご飯、じゃがいも、豚肉などを人類がどのようにして食してきたかが解説された「カレーライスから見る食物の歴史」が面白かった。2021/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17279565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。