チームが自然に生まれ変わる―「らしさ」を極めるリーダーシップ

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

チームが自然に生まれ変わる―「らしさ」を極めるリーダーシップ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月21日 16時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478112328
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

「やる気・根性・ノルマ」で人はもう動かない! 本音の見えないリモート時代に「やれる気しかしない」最高のチームをつくる方法

内容説明

指示しない。管理しない。それでも「成果」がついてくる新時代のリーダー論。「やる気・ノルマ・建て前」に頼らず、“無理なく”人を動かす認知メカニズム入門。

目次

はじめに あなたの職場はなぜ「たるんでいる」のか?
第1章 内側から人を動かす
第2章 エフィカシーの認知科学
第3章 リーダーはHave toを捨てよ
第4章 パーパスを「自分ごと化」する
第5章 メンバー全員Want to
第6章 組織のパーパスをつくり、浸透させる
総論 チームが自然に生まれ変わるには?
おわりに 組織の進化を創る

著者等紹介

李英俊[リシュンエイ]
マインドセット株式会社代表取締役/コンサルタント/エグゼクティブコーチ。2003年、新卒で外資コンサルティングファームに参画し、官公庁・民間企業向け事業再生・組織変革に従事。その後、インキュベーター企業で新規事業開発のプロフェッショナルとして活躍したほか、戦略人事機能を担当する執行役として同社IPOに貢献する。2008年より、歴史的文化財の利活用にフォーカスした国内屈指の事業再生企業で、コンサルタント・戦略人事・マーケティング管掌の取締役に。大規模再生案件プロジェクトを推進する傍ら、急成長企業である同社を「働きがいのある会社」ランキング(GPTW)に5年連続で入賞させる。2016年、マインドセット株式会社を創業。代表取締役を務める。次世代経営リーダーの育成、自己変革に取り組む発達志向型組織へのサポートをするため、組織開発コンサルティングを行うほか、プロフェッショナルコーチ養成機関を主宰。イノベーションと戦略人事機能が交差する領域で、急成長ベンチャーから大企業に至るまで組織の規模を問わず、コーポレートゴールの達成とエフィカシーの高いカルチャー創りを支援している。トレーナーとして、過去19年間で2400回以上、4万時間以上の指導実績を誇る。また、プロアスリート・運動指導者・起業家・イノベーターに向けた身体開発・操作能力向上の指導も手がける。2021年9月には、最新のウェルネスとAIテクノロジーを掛け合わせた次世代ウェルビーイング複合施設「Yawara」を東京・原宿にオープン

堀田創[ホッタハジメ]
株式会社シナモン執行役員/フューチャリスト。1982年生まれ。学生時代より一貫して、ニューラルネットワークなどの人工知能研究に従事し、25歳で慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了(工学博士)。2005・2006年、「IPA未踏ソフトウェア創造事業」に採択。2005年よりシリウステクノロジーズに参画し、位置連動型広告配信システムAdLocalの開発を担当。在学中にネイキッドテクノロジーを創業したのち、同社をmixiに売却。さらに、AI-OCR・音声認識・自然言語処理(NLP)など、人工知能のビジネスソリューションを提供する最注目のAIスタートアップ「シナモンAI」を共同創業。現在は同社のフューチャリストとして活躍し、東南アジアの優秀なエンジニアたちをリードする立場にある。「イノベーターの味方であり続けること」を信条に、経営者・リーダー層向けのアドバイザリーやコーチングセッションも実施中。認知科学の知見を参照しながら、人・組織のエフィカシーを高める方法論を探求している。マレーシア在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ざっく

14
コーチングと組織論を掛け合わせた新しい本。会社組織だけでなく、教育の段階からコーチングの考え方を取り入れることができたら面白いと思った。自分の所属している組織で考えると、一人一人のやりたいことを抽出することは非常に難しいのではないかと感じる。それでも向き合っていけば、やりたいことが見つかるのだろうか。まずは、自分がやりたいことを見つけることだな。少しずつ自分についても見えてきた。「才能」「Want to」「ゴール」を可視化し、没入感を高めよう。 OODAについての本も読もう。2021/11/25

そろけん

10
この本、チームを率いる立場からみてかなり刺さります リーダーは後ろ向きな部下の気持ちを「モチベーション」というごまかしで奮起させるがそれは「押しつけ」であるという指摘は新たな気づきでした これからは内側から人を動かす「内因的な原理に基づくリーダーシップ」が必要 自分の人生にオーナーシップを感じられない人間が他者のリーダーになれるだろうか? 自分を内面から導けない人が他社の内面を導けるだろうか?まず変わるべきはリーダー自身だ 「私はいま自分自身のリーダーであることができているか?」常に問いかけたい2021/11/25

茶幸才斎

6
いまや褒めたり叱ったり昇進・昇給をチラつかせても、人は動かない。人の行動を変えるには、認知を変えてやるのが近道だ。「やれる気がする。否、やれない気がしない」という心理的臨場感を醸成してやれば、自ずから人は動く。リーダーは、個々人の仕事の「すべき」を取り去り、現状の(延長上でなく)向こう側にくゆり立つ「したい」ゴールを明らかにし、それが自社の掲げる目的と重なる点を見つけて自分ごと化させ、ゴール志向で接する。これは難しい。私にこれが出来たら、コンサルやカウンセラーでやっていける気がする。否、やれる気がしない。2022/02/13

hiro

4
認知科学に基づいたリーダーシップ(エフィカシー・ドリブル・リーダーシップ)の在り方を理論編と実践編に分け展開。パーパス、エンゲージメントなど、頻出のワードとの関係性についても極めて分かりやすく整理されている。リーダーの力量が求められる。 久しぶりに大ヒットの一冊。再読必須。 ★★★★★2022/02/06

なおじん

4
自分のWant toがいつの間にかMust toで囲われていることに気付かされました。これは、エゴの考え方にも通ずるところがあり、ゆっくりとですが自分の中で色々なことが繋がり始めていると感じます。没頭できる未来を思い描く事から始めてみます。2021/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18728334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。