短いは正義―「60字1メッセージ」で結果が出る文章術

個数:
電子版価格
¥1,386
  • 電書あり

短いは正義―「60字1メッセージ」で結果が出る文章術

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年06月18日 06時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478111086
  • NDC分類 816
  • Cコード C2034

出版社内容情報

1文60字、1メッセージですべてうまくいく! 

ビジネスの結果を劇的に変える「短く書く技術」を紹介。



(×)本企画は、30~50代のビジネスマンをターゲットにし、ターゲットの多くが悩みを抱える文章に焦点を当て、メールやチャットや企画書などで評価が出ないという悩みを解決する、これまでにない切り口の「短く書く」技術を伝える企画です。







(◎)本企画のターゲットは30~50代のビジネスマン。メール、チャット、企画書などで評価が出ないと悩む方に向け、これまでにない「短く書く技術」を伝えます。



プレゼン資料、メール、営業資料、プレスリリース、企画書、履歴書……

伝わらない、結果が出ない、評価されないのは「1文が長い」からです。



本書は、詰め込み過ぎな長い文章を、短くする技術を紹介するものです。

「1文60字以内・1メッセージ」という絶対ルールをもとに、伝わる短い文章の書き方を指南します。



・ダラダラ伝わりづらいメールで、クライアントや上司の評価を落とす

・パワポなどのプレゼン資料のコピーが響かない

・営業資料、メールを読んでもらえない

・企画書が通らない

・採用試験で履歴書で落とされる……



さまざまなシチュエーションで

良い評価・結果を得られるようになります。



特に、リモートワークで文章を書く機会が増えている今、

すべてのビジネスパーソンに必須のスキルです。

内容説明

どんな文章もこの1冊でらくらく書ける、伝わる、うまくいく。コピーライターが30年で培った、ラクして相手に伝わる文章を書くコツ。「文章を書くのが苦手、疲れる」がなくなる!

目次

第1章 短く―60字1メッセージで、たるんだ文を引き締める(仕事ができる人は、ワンセンテンスが短い;目指すは「一文60字」以内;絶対ルール1 ワンセンテンス・ワンメッセージ ほか)
第2章 わかりやすく―「数字」の力で、脱・あやふや長文(「数字」は、伝わる文章の飛び道具;読み手の心に響く「数字入り文章」のつくり方;「数字入りフレーズ」で深く印象に残す ほか)
第3章 強く―「字面」で、文を強く、好印象に(文の印象は「字面」で決まる;簡単スキルで、パッと好印象;タイトル、見出しを強くする10のテクニック)

著者等紹介

田口まこ[タグチマコ]
コピーライター。京都府出身。京都芸術短期大学(現・京都芸術大学)美学美術史学科卒業後、一般企業を経て、広告制作会社ライトパブリシティに入社、コピーライターとなる。大塚製薬「ポカリスエットステビア」「カロリーメイト」などを担当し、「ジャワティ」の雑誌シリーズ広告で、コピーライターの登竜門「東京コピーライターズクラブ新人賞」受賞。その後フリーランスとなり、女性向けの商品広告を中心に活動。トイレタリー商品、化粧品のコピーを多数手がけ、現在も第一線で活躍中。コピーライター歴は30年以上。東京コピーライターズクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ポテチ

24
ワンセンテンス、ワンメッセージ! ていねい沼に溺れない。字面はデザイン。漢字、ひらがな、カタカナをうまく使う。 推敲すると余分な文章やリズムのつっかかりが見えてくる。2022/02/27

ロクシェ

22
答発【◎゚】コピーライター歴30年以上の著者による、「文を短くするスキル」を深堀りした文章術本。多くの文章術本で書かれている「一文は60字以内に」を見たことがある人は少なくないだろう。とはいえ、文を短くするスキルが身についていないと、それを実現するのは難しい。文を短くする方法は「削る」だけではない。単語の順番を「入れ替え」たり、ほかの言葉に「言い換え」たりする発想も必要になってくるからだ。本書の魅力は「『1文60字以内』を常に意識する」という目的意識が明確なこと。今すぐ文章が変わる、即効性にすぐれた本だ。2022/10/05

おれんじぺこ♪(15年生)

21
仕事の時の参考になるかなと思って予約してた本、やっと順番が回ってきた。以下コメント欄に気になった箇所をメモ2022/10/12

ルル

14
「書く」だけではなく「話す」にも応用可能^^「話す」プレゼンテーション、「見せる」プレゼンテーションの教科書としても活用できますよ❗️2022/08/05

ただぞぅ

8
「一文60字」は読みやすさを左右する境界線。無駄なゼイ肉を取るように長すぎる文をシェイプアップし、スッキリ短くする。その方が伝わりやすいのは確か。そのために「一文一義」を意識する、「体言止め」でリズムを整える、丁寧すぎる言葉を抜くなど他書でも紹介されている内容だが、日常で使うメールや報告書などでも当てはまることだけについ出来ているか自問。また「読む」ことは「見る」こと。文の見た目が大切なことは言うまでもない。ついつい漢字をたくさん使ってしまいがちだが、漢字、ひらがな、カタカナのバランスも大切な要素。2023/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18396394
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。