0メートルの旅―日常を引き剥がす16の物語

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

0メートルの旅―日常を引き剥がす16の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 03時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478110898
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0076

出版社内容情報

「遠くに行く」だけが、旅じゃない。予定不調和と非日常を愛する心があれば、すべての行為は「旅」になる。南極から家の中まで、日常を引き剥がす18の物語。記事累計300万PVの会社員ライター鮮烈のデビュー作。

目次

第1章 海外編―旅のわからなさに救われて(16350000メートル 南極;13549000メートル 南アフリカ;11525000メートル モロッコ;9159000メートル イスラエル;9153000メートル パレスチナ;7809000メートル イラン;6238000メートル ウズベキスタン;5906000メートル インド)
第2章 国内編―旅の魅力は距離に比例するか?(376600メートル 仙台;352000メートル 青ヶ島;54500メートル 箱根ヶ崎;34200メートル 国立)
第3章 近所編―旅を創るということ(1300メートル 駅前の寿司屋;800メートル 郵便局;350メートル 畑のフランス料理店)
最終章 家編―旅とは目的ではなく、過程にある(0メートル 部屋)

著者等紹介

岡田悠[オカダユウ]
1988年兵庫県生まれ。ライター兼会社員。有給休暇取得率100%。そのすべてを旅行に突っ込み、訪れた国は70か国、日本は全都道府県踏破。Webメディアでエッセイを執筆し、旅行記を中心に絶大な人気を博す。『0メートルの旅―日常を引き剥がす16の物語』収録のイランへの旅行記で「世界ウェブ記事大賞」を受賞。『0メートルの旅―日常を引き剥がす16の物語』が初の著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

60
旅。その言葉の響きもいい。旅って何だろう?と、改めて考える。それは、自分が旅だと思えば、それでいいのだ。何かの発見がある、気分転換になる・・・それが旅だろうと思う。意図した旅もあれば、気づいたら旅だった。2022/05/14

imagine

17
遠い場所から始まり、徐々に近くなり、最後には自分の部屋、という構成がよくできている。南極の海にダイブするチャレンジ精神と、(移動距離とは関係のない)旅本来の意味を思索する想像力。その振り幅の広さがこの著者の魅力だろう。身の回りに「非」日常要素を見つけて楽しむセンスは、酒場ライターのパリッコ氏を思わせる。コロナ禍で、旅のみならず移動行為そのものが制限されている今の状況で、閉塞感から解放してくれる読書だった。ギャグのキレもなかなか!2022/05/06

ころにゃん

16
「海外編」「国内編」「近所編」「家編」の4章、16の物語 会社員(freee)ライターの旅本。 壮大なストーリーの旅がさらりと描いてある。日常から抜け出し、遠くの国、自分の国、自宅と距離が縮まっていく。距離の遠い近いにかかわらず、旅心があふれ出るエッセイ。世界各地でトラブルに見舞われるもの旅の楽しさが伝わってくる。若者の無謀で繊細でインテリジェンスを感じさせ、文章と旅が面白い。2021/11/13

paluko

13
「野生のペンギンはめちゃくちゃ臭い。まるで死んだ魚をドブで煮たような臭いがする」(26頁)これが最も衝撃的だった。今後しばらくは、ペンギン画像を見る度に思い出しそう。インド・パキスタン国境のド派手な毎日開催イベント(長年の間に威信をかけてエスカレートした国旗の降納式)の話が面白かった。一度見てみたい…。寿司クーポンの周期発見の話はwebで読んだことあるぞ。最も検索されて【いない】場所を探す、古地図をベースに行動する、エアロバイクをストリートビューと連動させる、など地道なクリエイティヴィティが光っている。2021/03/11

まき

7
もともとnoteで読んでたけど、文章が面白いし、珍しい体験しててかなり興味深かった。個人的には部屋の中のGoogleマップ旅が1番よかった。2022/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16839864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。