世にも美しい三字熟語

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

世にも美しい三字熟語

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478109809
  • NDC分類 814.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

本書は、かつてない新しいやり方で「語彙力」がつく本です。

新しいやり方。

それは「三字熟語」です。



「えっ、三字熟語? 四字熟語なら知っているけれど……」

「しかも、『世にも美しい三字熟語』って、何ですか?」



そんなふうに感じてしまうのも無理はありません。故事・ことわざや中国の漢文に由来する四字熟語に比べると、「三字熟語」は、国語の世界ではあまり重要視されていないように思います。

どちらかと言えば、注目されてこなかった「三字熟語」ですが、その世界を深く潜ってみると、そこには日本語がもつ豊かな漢字文化があり、大和言葉や漢語の世界が広がっています。語源や由来には中国文化に関わるものもありますが、日本の美を映し出す情景や歌舞伎や落語などの伝統芸能、歴史、文学に至るまで、壮大な日本の文化が展開されています。

たとえば、「雪月花(せつげっか)」「五月雨(さみだれ」「朧月夜(おぼろづきよ)」のような日本の景観や四季折々の風物を表す美しい言葉をはじめ、「安本丹(あんぽんたん)」「頓珍漢(とんちんかん)」「素頓狂(すっとんきょう)などの思わず笑ってしまう言葉、「大団円(だいだんえん)」「知情意(ちじょうい)」「不如意(ふにょい)」などの使うとかっこいい言葉など、三字熟語の世界は多彩です。

「質実剛健」「厚顔無恥」「大言壮語」「本末転倒」など四字熟語の持つ語幹がある意味、仰々しくて、上から目線で、教訓めいた言葉が多いのに比べると、三字熟語には、軽やかで、庶民的で、思わずクスッと笑ってしまうような言葉がたくさんあります。

つまり、「三字熟語」は、ちょっと変わっている。だから、おもしろい。                                 味わい深い「三字熟語」の世界をご紹介する本です。


内容説明

国語教育で驚異的な指導実績を誇る著者が考案した、クイズを楽しみながら「語彙力」がつき、文豪の世界に誘いこまれる本!

目次

はじめに 美しく、かっこよく、面白い「三字熟語」の世界
第1章 人をほめる時に使う三字熟語
第2章 使うとかっこいい三字熟語
第3章 世にも美しい三字熟語
第4章 使ってはいけない三字熟語
第5章 思わず笑ってしまう三字熟語
第6章 日本人の心情を表す三字熟語
第7章 知らないと恥をかく三字熟語
特別コラム 夏目漱石と太宰治の「三字熟語」の世界
おわりに 私の「三字熟語」の世界は、「安本丹」から始まりました

著者等紹介

西角けい子[ニシカドケイコ]
ステージメソッド塾代表/学習コンサルタント/三字熟語研究家。オムロンを退職後、日本有数の大手塾の激戦区である兵庫県の西宮北口エリアにステージメソッド塾を開業。国語力を急伸させる独自の「ニシカド式勉強法」により、わずか6か月でごく普通の成績だった7名の塾生を日本一(教材会社の実施する全国版学力テスト)に育て、多くのマスコミから取材される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uran

6
四字熟語よりも知らない言葉が多かった。勉強になります。2021/12/07

skr-shower

4
読み方はわかるけれど字が思い浮かばない三字熟語ばかりで一冊。四字熟語より庶民の側に引き寄せられている語が多い感じ。そういえば、漱石の話は三字の塊が多かったような。2022/01/11

優さん@はいカード

0
穴埋めに関しては別解があったりとツメの甘さは感じたが、見せ方というかデザインが美しい。そして「三字熟語」というテーマの切り口が素敵。見事に一本取られました。2021/12/14

優さん@はいカード

0
穴埋めに関しては別解があったりとツメの甘さは感じたが、見せ方というかデザインが美しい。そして「三字熟語」というテーマの切り口が素敵。見事に一本取られました。2021/12/14

ハメ・ドゥースト

0
★★☆三字熟語に特化した一冊。味わい深い「三字熟語」の世界に浸る。2021/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18558643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。