DIE WITH ZERO―人生が豊かになりすぎる究極のルール

個数:
電子版価格 ¥1,683
  • 電書あり

DIE WITH ZERO―人生が豊かになりすぎる究極のルール

  • ウェブストアに142冊在庫がございます。(2022年05月19日 18時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478109687
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

全米注目のミリオネアが教える

後悔しない人生を歩むための究極のルール!



死ぬときに後悔するお金の貯め方とは?

人生が豊かになりすぎるお金の使い方とは?



読んだら、人生の景色がガラリと変わる。

10代~40代、必読の一冊!



――――――――――――――

【本書「まえがき」より】



まずは、有名なアリとキリギリスのイソップ寓話から始めよう。



夏の間、勤勉なアリは冬の食料を蓄えるためにせっせと働いた。

一方の気楽なバッタは、自由に遊んで過ごした。



やがて冬が到来した。アリは生き残ることができたが、

バッタには悲惨な現実が待っていた――。



この寓話の教訓は、

人生には働くべきときと遊んでもいいときがある、というものだ。

もっともな話だ。



でも、ここで疑問は生じないだろうか? 

つまり、アリは”いつ”遊ぶことができるのだろう? ということである。

それが、この本で提起したい問題だ。



私たちは、キリギリスの末路を知っている。

そう、飢え死にだ。

だが、アリはどうなったのか? 

短い人生を奴隷のように働いて過ごし、

そのまま死んでいくのだろうか? 

いつ、楽しい時を過すのか?



もちろん、誰もが生きるために働かなければならない。

だが、ただ生きる以上のことをしたいとも望んでいる。



「本当の人生」を生きたいのだ。



この本のテーマはそれだ。

ただ生きるだけではなく、十分に生きる。

経済的に豊かになるだけではなく、人生を豊かにするためにどうすればいいかを考える。



そう、自分の人生を最大化するための一冊なのだ。

――――――――――――――

内容説明

ゼロで死ね。経済学者も絶賛した、最上級に人生に響く生き方。

目次

ルール1 「今しかできないこと」に投資する
ルール2 一刻も早く経験に金を使う
ルール3 ゼロで死ぬ
ルール4 人生最後の日を意識する
ルール5 子どもには死ぬ「前」に与える
ルール6 年齢にあわせて「金、健康、時間」を最適化する
ルール7 やりたいことの「賞味期限」を意識する
ルール8 45~60歳に資産を取り崩し始める
ルール9 大胆にリスクを取る

著者等紹介

パーキンス,ビル[パーキンス,ビル] [Perkins,Bill]
1969年、アメリカテキサス州ヒューストン生まれ。アメリカ領ヴァージン諸島を拠点とするコンサルティング会社BrisaMaxホールディングスCEO。アイオワ大学を卒業後、ウォールストリートで働いたのち、エネルギー分野のトレーダーとして成功を収める。現在は、1億2000万ドル超の資産を抱えるヘッジファンドのマネージャーでありながら、ハリウッド映画プロデューサー、ポーカープレーヤーなど、さまざまな分野に活躍の場を広げている。『DIE WITH ZERO―人生が豊かになりすぎる究極のルール』が初めての著書となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろき@巨人の肩

129
人生で一番大切なのは「思い出」をつくること。資産を築くことは手段であって目的ではない。大半の人は資産を使いきれずに死んでゆく。「思い出」をつくるとは年齢に応じた最高の「経験」を積み重ねること。やりたいことの「賞味期限」を理解し「健康」「時間」「お金」を管理する。資産が減ることを極度に恐れない。個人的には「価値観」のパラダイムシフトとなる読書体験ができた。資産を包括する形で新しい「価値」が定義されており、ポスト資本主義の一形態となり得ると感じる。ファイナルカウントダウン、長寿保険、生前贈与など参考となった。2022/01/12

mariya926

128
図書館にあったので借りてきました。この本を読む以前にYouTubeで見ていたので内容は知っていましたが『経験』がテーマです。0で死ねはすごいキャッチフレーズです。アメリカは医療費が高いと聞いていましたが…。確かに若い時の経験は何にも変えられないものがありますが、加減が必要ですよね(もちろんこの本でもその事も書かれています)。私は刹那的な経験も沢山するべきだと思いますが、人生はそれだけではないと思います。毎日不安で生きていたら、どんなに経験してもそれは本当の幸せではないのでは?と読みながら考えました。2021/12/26

かずー

82
貯金ゼロで死ぬことを目標とする。老後のために資産を増やさなければと考えていたが真逆の発想。年老いてからは体力、健康面から出来ることが限られてくるので支出が減る。経験したことは思い出として残るので財産となる。若いうちに経験を多くした方がいい。資産の取り崩し時期を見誤らないように。言ってることは分かるが貯金がないと不安である、もう少し考えてみたい。2021/07/07

R

77
死ぬときに資産が残らないように生きよう。その通りだなと思うんだが、非常に難しい問題だと、ついついため込みがちになって、結局みんな使いきれない資産を抱えて老後を迎えている。そうならないためにも、若い内(その時)にしかできないことにコストをかけて、より豊かに生きることで資産を最大化して、人生を最上にしようというお話。あとからやれるというのは間違いで、その時じゃないと感動の度合いが薄れるというのはよくよくわかるところで、散財ではない、人生への投資をしなくてはという気持ちになれる本だった。2021/05/25

Willie the Wildcat

76
”究極”、故に記載の「9つ」のルール。これらを念頭に、個々人の価値観で最適なバランスで人生を送ること、と解釈。金・健康・時間が土台。『配当』、とても印象的な言葉。ご褒美ともいえるかな。加えて、リスクvs.不安の件も同感。但し、頭と体が一致しない現実が、ヒトである面白味と推察。一方、”ラテ・ファクター”の件は、必ずしも合意できない。”投資”価値の有無は、個人の価値観次第也。なお(解釈の問題なのですが)行動に移す勇気はないと感じたのが、資産を切り崩すタイミング。物心両面で、そんな余裕もなく、無理無理。2020/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16595225

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。