タイム・スリップ芥川賞―文学って、なんのため?と思う人のための日本文学入門

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

タイム・スリップ芥川賞―文学って、なんのため?と思う人のための日本文学入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月27日 03時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478109168
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0091

出版社内容情報

小説を読まずにわかる日本文学入門。



芥川賞は、「戦後日本人の歴史」そのものだった。



前代未聞の「文学エンターテインメント」!!





たとえばマーケティングや経営戦略の入門書に、「とにかく原典を読んでください」というものは少ないでしょう。しかし、「文学の入門書」だけは「とにかく読みましょう」というものが多い。そりゃそうです。文学は、読まないとわからない。体験しないとわからない。でも、それが文学好きと文学嫌いとの断絶を助長している側面があるのではないでしょうか。



本書は、1冊も小説を読んだことのない少年が、文学好きな科学者と一緒にタイム・マシンに乗って、歴代芥川賞受賞作家に会いに行く設定のストーリー形式で進みます。



主人公は、作品が生まれる瞬間や作者のその後に「実際に立ち会い」、文学への理解を深めていきます。そして、芥川賞とその時代背景にある日本の高度経済成長、民主主義、政治の変遷、都市と辺境、日米関係、ポップカルチャーやインターネットの台頭などを同時に振り返ります。



文学の意義やおもしろさ、日本の戦後史と芥川賞の関係、そして「人間と文学」の関係まで明らかにする「教養としてのエンタメ文学」です。

内容説明

小説を読む前にわかる「あの本」の価値と「日本人の歴史」。100年を旅する“文学エンターテインメント”!!文学は、時をこえて会いにくる。

目次

第1章 石原慎太郎と太陽の季節
第2章 大江健三郎と戦後民主主義
第3章 中上健次と日本近代文学の完成
第4章 村上龍と近代化の終わり
第5章 80年代と視覚文化の氾濫
第6章 90年代と新しい小説家たち
第7章 芥川賞はいかに創設されたか
第8章 又吉直樹と日本文学の100年

著者等紹介

菊池良[キクチリョウ]
1987年生まれ。村上春樹や太宰治など100人以上の書き手を文体模写した『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(共著・宝島社)がシリーズ累計17万部。『芥川賞ぜんぶ読む』(宝島社)で1935年~2018年までの芥川賞受賞作180作をすべて解説した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雲國斎

18
図書館の新刊に並んでいたので読んでみた。文学好きの科学者が、知り合いの少年とタイムマシンに乗り込んで芥川賞をめぐる時空の旅へ。慎太郎の「太陽の季節」から健三郎、村上龍、綿矢りさなどを経て又吉直樹の「火花」まで、話題になった芥川賞作家と作品が紹介される。思わずへえーと言いたくなるエピソードが盛りだくさん!楽しめた!2022/03/19

美東

17
カバーのそでの「夜が訪れる限り、文学は死なない。」というキャッチコピーで始まり、316頁 「そのいとなみは、人類が破滅するまでつづくでしょう。これからもずっと。」という結語で締めくくられる。2022/05/22

メープル

15
芥川賞受賞作品、知らない作品が多かった。タイムスリップでその時代背景もわかり読みやすかった。2022/03/11

リラッママ0523

8
タイトルに引かれて、何気なく手に取ったのだが面白かった!カジュアルな表現でわかりやすく芥川賞の流れを教えてくれた。文学は繋がっている。今までもこれからも。最後に紹介されている又吉直樹氏の『読書という趣味を見つけたことにより、僕の人生から退屈という概念が消えました。作家の皆様本屋の皆様ありがとうございます。』の言葉にハッとした。そうだ!自分も常に退屈した事がない。読書のおかげで。本に感謝。2022/02/27

鹿ノ子

4
楽しいタイムスリップでした。2022/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19076235

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。