OPENNESS―職場の「空気」が結果を決める

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

OPENNESS―職場の「空気」が結果を決める

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478108819
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

北野唯我;組織戦略;ティール組織;オープンワーク

内容説明

「職場の空気」と「企業の業績」には、強い関係がある。「風通しが悪い」のに、「社員の士気が高い」会社はほぼ存在しない。「給料」と「社員の士気」はあまり関係ない。オープネスは、「高ければ高いほどいい」わけではない。リーダーの真価は「失敗が起こったときどう対応するか」ではかれる。オープネスを「組織のカナリア」として使うことで、業績の悪化を防げる。事業再生に成功する組織は「士気の高い部署」から変革する…『転職の思考法』で日本人の働き方に変革を起こした著者によるまったく新しい組織の教科書!

目次

第1章 オープネスの発見(「株価当てゲーム」に私が猛烈にハマったワケ;見えなかった「職場の空気」が可視化されつつある ほか)
第2章 オープネスとは何か(なぜ人は社員のクチコミをのぞきたがるのか;「経営開放性」「情報開放性」「自己開示性」とは何か ほか)
第3章 オープネスをどう高めるか(オープネスを「邪魔しているもの」は何か;オープネスを阻む罠(ダブルバインド「言行不一致」が人の心を蝕む;トーション・オブ・ストラテジー―「戦略わかったふりおじさん」が組織を壊す;オーバーサクセスシェア―リーダーは失敗例こそシェアせよ) ほか)
第4章 オープネスをどう使うか(ウサギの生存戦略に学べ;オープネスは「組織のカナリア」 ほか)

著者等紹介

北野唯我[キタノユイガ]
兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件