お金を増やすならこの1本から始めなさい―元メガバンク・外資系プライベートバンカーが教える

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

お金を増やすならこの1本から始めなさい―元メガバンク・外資系プライベートバンカーが教える

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月05日 18時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478107768
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C0033

出版社内容情報

資産運用;投資助言業;RIA;お金;投資;投資信託;ラップ口座;ファンド;外貨預金;債券投資;

内容説明

「おすすめ」を買っても損をしてしまうのは、なぜ?「コスト」がわかれば、もうだまされない。金融商品販売をしない、中立なアドバイザーが低コストインデックス運用を解説!

目次

第1章 広告で見かけるこんな商品、買ってはいけない!
第2章 銀行のいいなりではお金が減る!
第3章 お金を増やす方法はアメリカの投資家に学べ!
第4章 ワンランク上の投資家を目指したいなら海外ETF
第5章 NISA、iDeCoを1銘柄だけ投資でカンタン!退職金運用もこれでOK!
第6章 いまさら聞けない!資産運用の基礎知識・金融のキーワードQ&A

著者等紹介

安東隆司[アンドウリュウジ]
RIA JAPANおカネ学株式会社代表取締役。CFP。日経CNBCなどTVコメンテーター、海外ETF専門家、立教セカンドステージ大学講師。三菱UFJ銀行で17年、三菱UFJメリルリンチPB証券(出向)、ソシエテ・ジェネラル信託銀行勤務という、メガバンク、外資系証券・信託銀行で約26年の勤務を経験。その後半はプライベートバンカーを務め金融商品の運用について熟知。販売手数料(コミッション)を目的にしない、世界的潮流である「預かり資産管理」(フィーベース)のビジネス(RIA)を行う、独立系・投資助言業(内閣総理大臣登録)を2015年立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるわか

6
[つみたてNISA](この中から1つ選べばOK)ニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS Slim先進国株式インデックス、SBI・先進国株式インデックス・ファンド。[一般NISA](この中から1つ選べばOK)SPY:SPDR S&P 500 ETF、IVV:iシェアーズ・コア S&P 500 ETF、VOO:バンガード・S&P 500 ETF2020/10/09

たけひろ

2
☆☆☆☆2020/08/11

たふ

1
証券会社の人もサラリーマン。会社の利益優先は仕方ないか。2022/04/08

モカちゃん

1
特に目新しいことは書かれていなかったけど、ポートフォリオは参考にさせてもらおうと思った。あと、NISAと積み立てNISAをどう利用するかについても参考になった。2020/01/03

葛根

0
まさに退職金が入る時に銀行から電話が入り、投資を進められた親。話を聞くと、嘘は言ってないけど、ある程度の信託報酬のかかるのを勧めてきてた。バランス型うんぬんーも常套句なのねーへーと…後ろの投資方法は人それぞれなので、色々勉強して自分に合うものを選ぶのが私は良いと思いますが、はじめの方の買ってはいけない!は読んでほしい。2021/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14887562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。