マクドナルド、P&G、ヘンケルで学んだ圧倒的な成果を生み出す「劇薬」の仕事術

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり

マクドナルド、P&G、ヘンケルで学んだ圧倒的な成果を生み出す「劇薬」の仕事術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月17日 04時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478106563
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

内容説明

マクドナルドを「奇跡のV字回復」に導いた伝説のマーケターの「仕事の習慣」。“仕事が上手く回りだしたら、それは「成長」していない証拠。”“人を動かすのは「感情・結果・KPI」の順番。”“数字で測ることのできない仕事をするな。”―逆境を乗りこえ続けてきた“非常識”な仕事術。

目次

第1章 すべての「選択」は自分が決めている―P&Gで学んだ「世界の当たり前」(自分で考えて自分で決める;自分を殺す会社には行かない ほか)
第2章 「修羅場」が一番、人を成長させる―外資系コンサルで学んだ「成長の極意」(成長しないことは、衰退していること;まずは関係者に徹底的にヒアリングする ほか)
第3章 人の倍の速度で「成長」する―ヘンケルで学んだ「勝負の勘所」(MBAはいらない;説得ではなく、理解を得る ほか)
第4章 マネジメントには「意志」がいる―ワールドで学んだ「意思決定と戦略」(肩書きやポジションは、こだわる意味がない;うまくいっていないなら変えないといけない ほか)
第5章 どんな状況でも、やりようはある―日本マクドナルドで学んだ「逆境」を乗り越える仕事術(うまくいっていない会社をこそ選ぶ;ポテンシャルを冷静に眺めてみる ほか)

著者等紹介

足立光[アダチヒカル]
元日本マクドナルド・マーケティング本部長/上席執行役員。1968年、米国テキサス州生まれ。一橋大学商学部卒業。P&Gジャパン(株)マーケティング部に入社し、日本人初の韓国赴任を経験。ブーズ・アレン・ハミルトン(株)、および(株)ローランドベルガーを経て、ドイツのヘンケルグループに属するシュワルツコフヘンケル(株)に転身。2005年には同社社長に就任。2007年よりヘンケルジャパン(株)取締役シュワルツコフプロフェッショナル事業本部長を兼務し、2011年からはヘンケルのコスメティック事業の北東・東南アジア全体を統括。(株)ワールド執行役員国際本部長を経て、2015年から日本マクドナルド(株)にてマーケティング本部長としてV字回復を牽引し、2018年6月に退任。その後、アジア・パシフィック プロダクトマーケティング シニア・ディレクターとして、(株)ナイアンティックに参画。2016年「Web人賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マクドナルド、P&G……あらゆる企業を「再建」し続けたマーケターの「仕事の習慣」。人の2倍の早さで成長する極意とは。

■はじめに
・「絶対にやめた方がいい」と言われたマクドナルドになぜ行ったか
・いかにして私は「再建請負人」になったか

■第1章 一つ一つの「選択」によってすべての命運が決まる。
     ――P&Gで学んだ「世界の当たり前」
・人は論理ではなく感情で動く
・相手の効率性を最大にできる働き方をする
・実行したことは必ず振り返り、共有する

■第2章 「修羅場」が一番、人を成長させる
      ――外資系コンサルで学んだ「成長の極意」
・成長しないことは、衰退していること
・ランチやディナーは、会社の同僚としない
・お金を払ってでも、時間を増やす

■第3章 正しいことをすれば、うまくいく
――ヘンケルで学んだ「勝負の勘所」
・MBAはいらない
・失敗したときは、自分から認める
・自分がいなくても回る組織をつくる

■第4章 マネジメントには「意志」がいる
       ――ワールドで学んだ「意志決定と戦略」
・感情で意志決定をしてはいけない
・数字で図ることができない人員はいらない

■第5章 どんな状況でも、やりようはある
       ――日本マクドナルドで学んだ「逆境を乗り越える仕事術」
・うまくいっていない会社をこそ選ぶ
・いろんな経験が、大胆な決断を可能にする

足立 光[アダチヒカル]
著・文・その他