amazon 世界最先端の戦略がわかる

個数:
電子版価格 ¥1,683
  • 電書あり

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 02時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 373p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478105054
  • NDC分類 024.53
  • Cコード C0034

出版社内容情報



成毛 眞[ナルケ マコト]
著・文・その他

内容説明

「何が勝って、負けるのか」ビジネスの基礎知識も身につく!この一社を知ることは、最新のビジネス感覚を身につけることと同じ。

目次

prologue アマゾンがなかったら生活できないかも
01 「品揃えが大量で、安い」を実現する仕組みとは
02 キャッシュがあるから失敗できる
03 アマゾンで一番利益をあげているAWS
04 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか
05 アマゾンからM&Aを知る
06 巨大な倉庫と配送力で物流を制す
07 プラットフォームの主になるには
08 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー
09 アマゾンという組織

著者等紹介

成毛眞[ナルケマコト]
1955年北海道生まれ。元マイクロソフト代表取締役社長。中央大学商学部卒業。自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。元スルガ銀行社外取締役。現在は、書評サイト「HONZ」代表も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

352
興味深い内容がふんだんに盛り込まれていた。勢いのある企業の解説本は、旬のうちに読むと時代感とリンクして楽しめる。都合のいいところにばかりスポットをあてるので、翳りが見え始めた途端に関連本まで一気に陳腐化してしまうという側面もあるが、それにしても現状Amazonは強いと思う。横の関連業種にアメーバのように浸食していく様がわかりやすく説明されており、今になって思えば、Amazonというネーミングもこれしかないくらいにはまっていると感じた。株主の反乱が起きた時が大変なことになりそう。2021/02/11

mitei

265
Amazonがどのような会社なのか、イメージしか分からなかった会社の概要が見えた気がした。2018/12/14

『よ♪』@試験終了…徐々に復帰

139
怖いな。。『Death by amazon』という言葉があるらしい。amazonに喰われて死につつある企業達を指すのだが"喰う"にも二種類ある。『業績(シェア)を喰う(倒産)』『企業そのものを喰う(M&A)』の二つ。amazonは何の会社?ネット通販?実はネット通販は売り上げは大きいが赤字事業。既に"世界最大のクラウドサービスの提供会社"である。利益よりもシェア拡大を重視。利益の再投資と多角化で世界規模にまで成長。そして更に巨大化を続けている。"洗練された未来をデザイン"…代償に皆喰われない?怖い怖い。。2018/11/18

えちぜんや よーた

98
GAFAが政府に納める税金が少なすぎるという批判をよく聞く。だが政府は徴収した法人税を上手く分配できるのだろうか。リバタリアン的な観点からすると、少なくともAmazonはそれほどたくさんの税金を納める必要はないと思う。なぜなら儲かった分は惜しげもなく投資につぎ込み、赤字が出ても投資の姿勢を崩さない。その投資は物流を活発にし、雇用を産み、周辺地域の経済に貢献する。本書では、政府が法人税の収入をあてにして無責任な経済政策を行うより、Amazonにお金を使わせた方が優れていることを示している。2019/02/23

アベシ

95
ローマ帝国にも擬せられるアマゾン帝国。アマゾンは一日にしてならず。これまでに地道に築き上げた兵站は一朝一夕には真似はできない。帝国と呼ぶに相応しい堅牢なものだ。その物流システムから繰り出される、革新的なサービスは死者のリストを累々と積み重ねている。また、AWSというクラウドサーバーのサービスがアマゾンの利益を支えているが、このサービスこそアマゾンの核心的なサービスである。2019/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13036343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。