世界のビジネスエリートが身につける教養 西洋美術史

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

世界のビジネスエリートが身につける教養 西洋美術史

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月20日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478103944
  • NDC分類 702.3
  • Cコード C2034

出版社内容情報

世界のビジネスエリートがごぞって身につける教養「西洋美術史」をわかりやすく解説。約2500年分の美術、そして関連する世界史の知識が一気に身につきます。これまで以上に「美術」が身近になると同時に、グローバルスタンダードの教養が身につく、あなたの世界観を広げる一冊です

内容説明

これ一冊で、名画の背景を語れるようになる。美術の裏側にある、欧米の歴史、価値観、文化を読み解く―。美術の見方が変わる、グローバルスタンダードの教養が身につく。

目次

第1部 「神」中心の世界観はどのように生まれたのか?―ギリシャ神話とキリスト教(なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか?―ギリシャ美術;ローマ帝国の繁栄と、帝国特有の美術の発達―ローマ美術 ほか)
第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展―ルネサンスの始まり、そして絵画の時代へ(西洋絵画の古典となった3人の巨匠―ルネサンス;都市経済の発展がもたらした芸術のイノベーション―北方ルネサンス ほか)
第3部 フランスが美術大国になれた理由―“偉大なるフランス”誕生の裏側(絶対王政とルイ14世―フランス古典主義;革命前夜のひとときの享楽―ロココ ほか)
第4部 近代社会はどう文化を変えたのか?―産業革命と近代美術の発展(「格差」と「現実」を描く決意―レアリスム;産業革命と文化的後進国イギリスの反撃―イギリス美術 ほか)

著者等紹介

木村泰司[キムラタイジ]
西洋美術史家。1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART修了。ロンドンでは、歴史的なアート、インテリア、食器等本物に触れながら学ぶ。東京・名古屋・大阪などで年間100回ほどの講演・セミナーを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

307
内容は悪くない。古代ギリシャの彫刻から(本格的に美術史を学ぼうとすると原始人の壁画から始まるが、そこが必要ない点をこの本は押さえている)アメリカが美術収集大国になるまでの変遷を、大雑把にだが非常に分かりやすくまとめてくれているので楽しい。キリスト教と絵画のかかわりは知っていたが、印象派云々の部分は知らないことが多かった。ただ、あくまでビジネス書なので文章に出てくる絵画の写真は小さく、モノクロ写真なので物足りない。また、タイトルに若干の恥ずかしさを感じるのは私だけだろうか。2017/11/05

はる

63
古代ギリシアの美術から印象派辺りまで、美術史というより歴史書みたい。宗教との絡みがあったり、芸術家の地位やそれをオーダーする人々の関係、庇護できる人がいる時代や国は芸術家が育っていたり。印象派は初め認められずにいたのだが、それがなぜかよくわかった。筆の跡が残るような絵画は下書きと見なされ、みとめられなかったよう。印象と報道されたのは印象という言葉は下書きという意味がある皮肉だった。今度美術展に行ったら、また見方が変わりそうだな。こうして少しずつ知識を増やしていこう。2018/01/02

たかしくん

45
サブタイトルの「ビジネスエリートが~」と言うには、少々大袈裟かとは思いました。けど、特にルネサンス以前の西洋絵画にとんと興味の無かった私には、初めて知ったことも多く、美術史をそれぞれの時代の経済、社会を背景を背景としたアプローチは、ビジネスパーソンには必要かと。まぁ、乱暴に総括すると、古(いにしえ)から経済の中心、いや、お金が集まるところが、美術の中心地になることは、間違ってないようです?!(笑)2017/12/17

ななつ

40
フランス王の威光に野蛮人ゴート族的なゴシック、目で見る聖書の役割である宗教画、ルネッサンスのヴェネツィアの繁栄、宗教改革サッコディローマ、ネーデルランドのレンブラント、印象派マネの水浴。2019/10/19

kawa

28
ビジネスエリートの教養として、出るとこに出たとき恥をかかない、知ったかぶりができる、ちょっと卑しいコンセプトかなと穿った思いもあったけれど、数時間で西洋美術史の大きな流れを掴むのには適当(歴史の大雑把な知識は必要だが)。読んで良かった。ルターの宗教改革で誕生したプロテスタント派により、宗教絵画が下火に、風景画や風俗画に結果として脚光があたったことは興味深い。2017/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12319619

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。