身銭を切れ―「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

身銭を切れ―「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時54分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478103814
  • NDC分類 159
  • Cコード C0033

内容説明

魂を捧げた先にしか、価値ある「生」はない。不確実で予測不可能な世界で私たちがとるべき「生き方」とは―『ブラック・スワン』『反脆弱性』のタレブが、思索の果てにたどり着いた原理原則を明かす。

目次

第1部 「身銭を切る」とは何か
第2部 エージェンシー問題入門編
第3部 例のこの上ない非対称性
第4部 犬に紛れたオオカミ
第5部 生きるとはある種のリスクを冒すこと
第6部 エージェンシー問題実践編
第7部 宗教、信仰、そして身銭を切る
第8部 リスクと合理性

著者等紹介

タレブ,ナシーム・ニコラス[タレブ,ナシームニコラス] [Taleb,Nassim Nicholas]
文筆家、トレーダー、大学教授および研究者という三つの顔を持つ、現代の急進的な哲学者。レバノンでギリシア正教の一家に生まれ、ウォートン・スクールでMBAを、パリ大学で博士号を取得。現在、ニューヨーク大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングでリスク工学の教授を務める

望月衛[モチズキマモル]
大和投資信託株式会社勤務。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA

千葉敏生[チバトシオ]
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

金融;経済;人生;ブラック・スワン;反脆弱性;まぐれ;タレブ;リスク;エージェンシー問題;不確実性;VUCA;身銭を切る;スキン・イン・ザ・ゲーム;非対称性

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件