身銭を切れ―「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

身銭を切れ―「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年09月26日 13時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478103814
  • NDC分類 159
  • Cコード C0033

出版社内容情報

金融;経済;人生;ブラック・スワン;反脆弱性;まぐれ;タレブ;リスク;エージェンシー問題;不確実性;VUCA;身銭を切る;スキン・イン・ザ・ゲーム;非対称性

内容説明

魂を捧げた先にしか、価値ある「生」はない。不確実で予測不可能な世界で私たちがとるべき「生き方」とは―『ブラック・スワン』『反脆弱性』のタレブが、思索の果てにたどり着いた原理原則を明かす。

目次

第1部 「身銭を切る」とは何か
第2部 エージェンシー問題入門編
第3部 例のこの上ない非対称性
第4部 犬に紛れたオオカミ
第5部 生きるとはある種のリスクを冒すこと
第6部 エージェンシー問題実践編
第7部 宗教、信仰、そして身銭を切る
第8部 リスクと合理性

著者等紹介

タレブ,ナシーム・ニコラス[タレブ,ナシームニコラス] [Taleb,Nassim Nicholas]
文筆家、トレーダー、大学教授および研究者という三つの顔を持つ、現代の急進的な哲学者。レバノンでギリシア正教の一家に生まれ、ウォートン・スクールでMBAを、パリ大学で博士号を取得。現在、ニューヨーク大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングでリスク工学の教授を務める

望月衛[モチズキマモル]
大和投資信託株式会社勤務。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA

千葉敏生[チバトシオ]
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Y

23
損なことはしたくないと思って生きてきたが、身銭を切って生きている人はそれだけで信頼するに値するという。また身銭を切って受けた傷すらも価値がある。思ってもみなかった考え方だけど、コロナウイルスの騒動を踏まえると説得力がある。身銭を切ることは推奨しながらも破滅しないように諭しているのが面白い。それにしても著者は多方面に敵を作るような主張をしているのがすごい。身銭を切るということはどんなことが身をもって体現している。自分のような立場の者は身銭を切って生きるのは難しいのでせめて魂を捧げる仕事に就きたいと思った。2020/02/20

りょうみや

22
「身銭を切る」というのは行動に責任を持つ、淘汰される可能性がある、安全地帯でぬくぬくとしない、流動性の確保という意味。このフレーズは前書「反脆弱性」から使われているもので、本書は目次を眺めた予想通りほぼ前書の言い換えの内容。著者は本を読者に分かりやすく書く気はなく、本書はこれまでにもまして分かりにくなったように思える。彼の信者向けに特化されてきているのかもしれない。2020/08/23

羊山羊

13
先に著者の前著を読んでおかなかったせいで中身の半分も理解できずに読了。ぐぬぬ。ピケティもピンカーも滅多切りに切り捨てながら、ビッグデータに頼るその分析手法に疑義を呈する所は、一つの意見として参考にすべきだ。安易な営業マンに騙されずに済む。負けが込んでいるときに限って人は理論的になる。生き残るものはすべて理由があって生き残る、など、ゾクッとする警句に満ちる1冊。2020/09/25

roughfractus02

10
W・バフェットの信条の一つをタイトル(原題:Skin in the Game)とした本書は、身銭を切る投資家や市民と身銭を切らせる政府・銀行家・企業の非対称性でできたリスク社会を告発する。同時に、この非対称的世界で自ら身銭を切ることからシステムを変える契機の可能性を検討する。少数者の強い信念が世界に影響するという例(ハラールやアレルギーのような肉体に直接関わる食品への価値観が他者に及ぶ点)に、他者のために身銭を切るという非対称性の新たな用法を見出す著者は、中世化する現代にストア派的倫理でもって肌身を晒す。2020/01/13

速読おやじ

8
身銭とは経済的な意味のみならず、リスク全般のことを言う。リスクフリーの評論家のような人種を知的バカと称するなど手厳しい。言葉や信念よりも行動。大企業の経営者などは、身銭を切っていない典型例。そういう自分も全く身銭を切っていない。タレブは起業家のことは認めている。歴史を遡ると、イエスは身銭を切った代表者だ。命という最大のリスクを冒したのだから。宗教もそういう観点で見ると面白い。自社商品を買っていない身銭を切っていないセールスマンからモノを買ったらあかんのだ。しかし、タレブと友人になれそうにはない(笑)2020/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14907162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。