米中戦争前夜―新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

米中戦争前夜―新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年05月24日 09時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 450p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478103319
  • NDC分類 319.530
  • Cコード C0031

内容説明

500年間の新旧対決から決定の本質を探る応用歴史学。トランプと習が試される“古典的な罠”。40年近く米国防長官顧問のハーバード・ケネディスクール初代学長が警鐘を鳴らす。

目次

第1部 中国の台頭(世界史上最大のプレーヤー)
第2部 歴史の教訓(新旧対立の原点:アテネVS.スパルタ;500年間に起こった新旧戦争 ほか)
第3部 嵐の予兆(中国は、かつてのアメリカと同じだ;習近平が率いる中国の野望 ほか)
第4部 戦争はまだ回避できる(平和を維持した4例に見る12のヒント;米中、そして世界はどこへ向かうのか)

著者等紹介

アリソン,グレアム[アリソン,グレアム] [Allison,Graham]
政治学者。ハーバード大学ケネディ行政大学院初代学長。現在、同大学ベルファー科学・国際問題研究所長。専門は政策決定論、核戦略論。レーガン政権からオバマ政権まで歴代国防長官の顧問を、クリントン政権では国防次官補を務めた。マサチューセツ州ベルモント在住、1940年生まれ

藤原朝子[フジワラトモコ]
学習院女子大学非常勤講師。慶應義塾大学法学部政治学科卒

船橋洋一[フナバシヨウイチ]
アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)理事長。1968年朝日新聞社入社、北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、朝日新聞社主筆(2007~10年)。1987年米国際経済研究所客員研究員、2005~06年米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー。2011年に福島第一原発事故を独自に検証する「民間事故調」を設立し、APIの前身となる日本再建イニシアティブを設立し、調査報告書を発表。『内部 ある中国報告』(朝日文庫、サントリー学芸賞)、『通貨烈烈』(朝日文庫、吉野作造賞)、『同盟漂流』(上下巻・岩波現代文庫、新潮学芸賞)、『カウントダウン・メルトダウン』(上下巻・文春文庫、大宅壮一ノンフィクション賞)など著書多数。2016年に、世界の最も優れたアジア報道に対して与えられる米スタンフォード大学アジア太平洋研究所(APARC)のショレンスタイン・ジャーナリズム賞を日本人として初受賞。東京大学教養学部卒。法学博士。1944年北京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

トランプと習が試される“古典的な罠”とは?過去500年で覇権国VS新興国の開戦確率は75%≪実務にも精通した国際政治の権威が トランプ外交や安倍政権に警鐘をならす≫★実務家からも激賞続々キッシンジャー元国務長官「米中関係が史上13番目の新旧戦争にならないよう願うほかない」

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件