ROCKONOMICS経済はロックに学べ!

個数:
電子版価格 ¥2,178
  • 電書あり

ROCKONOMICS経済はロックに学べ!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 20時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 480p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478102718
  • NDC分類 760.69
  • Cコード C0033

出版社内容情報

音楽ビジネスが予言する世界の「これから」とは──。米大統領の経済ブレーンを務めた経済学者が明かす!!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

47
経済学・・・は、大上段に振りかぶりすぎ。それは横に置いとくとして、読み物として十分楽しめる。最近は疎くなったが、中学生の頃から洋楽、それもロックを中心に聴いてきたので、唸りながら頁をめくった。今でも聴いているバンド、シンガーがたくさん。メデイアの変遷もあり、ストリーミングになって、少し持ち直したということを知り、そうなのか・・・と。それでも、やはり、コンサートが一番の収入源。それに付随する業界、新しい考え方など、今後はどうなるんだろ。2021/08/30

くさてる

22
題名に惑わされないでほしい。これはいま現在の音楽業界を経済学者が研究したことで明らかになる様々な現実を解説した内容で、経済が分かるというより、経済で音楽業界を解き明かしたものというほうがより近く、滅茶苦茶に面白い。ライブで稼ぐよ!物販超大事!本当にごく一部のスーパースターとそれ以外の売れないバンドマンで成り立つ業界だよ!ヒットはマジでマジで運!チケットって安過ぎるんだよ!等々、この業界に興味ある人なら覚えがある事柄が分析され解き明かされていく内容は実にスリリング。おすすめです。2021/09/22

そうすけ

9
差別価格( より良いサービスの為ならお金を払いたいお客さんにお金を払わせるための価格設定)の例として、テイラー、スイフトのファンクラブ を挙げてみたり、遊び心のある内容の本です。インターネットの直後の海賊版に対するアーティストの対策やストリーミングサービスによって歌手の人気の格差が開けていくことへの解説など、経済か音楽のどちらかに関心があればとても面白い本になっています。2021/11/25

アーク

6
音楽ビジネスが高度な経済学によって成り立っているのがよく分かる。ミュージシャンとレコード会社との係争とか、チケット代の高騰とか、ストリーミングが音楽業界に与えたインパクトとか、音楽業界という巨大産業の経済的な側面を包括して知ることができて、洋楽ファンとしては非常に面白かった。それにしても音楽って著作権使用料というロングテールの金のなる木があるだけに争いが絶えないんだな。洋楽ファンなら必読の一冊。2021/07/11

はやたろう

5
音楽業界を経済学的に考察。著者がこの作品を最後に58歳の若さで亡くなっていたことにまずもって御冥福を祈りたい。さて、音楽業界の金の不透明さはクイーンの映画や大物アーティストの所属移籍とかで何となくわかってたけど、契約内容について音楽だけやってきたアーティストでは酷い契約をさせられ、その才能が埋もれていくのは残念。この業界で成功できるのが僅かで金銭的にも厳しくなるのはどうしようもないのか。いずれにせよロックの世界は経済学の縮図でした!2022/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17879829

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。