「週刊文春」編集長の仕事術

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

「週刊文春」編集長の仕事術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 15時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478102091
  • NDC分類 051
  • Cコード C0030

出版社内容情報



新谷 学[シンタニマナブ]

内容説明

人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など、現役編集長が裏側を全公開!すごい結果を出す、門外不出85の奥義。

目次

第1章 全てのビジネスは「人」から始まる―情報/人脈
第2章 予定調和はおもしろさの敵である―企画/発想
第3章 難攻不落の相手から「YES」を引き出す―依頼/交渉
第4章 ヒットを生み続けるチームはこう作る―組織/統率
第5章 リスクを恐れず壁を突破する―決断/覚悟
第6章 「売れない」時代のマーケティング―戦略/本質

著者等紹介

新谷学[シンタニマナブ]
1964年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業。89年に文藝春秋に入社し、「Number」「マルコポーロ」編集部、「週刊文春」記者・デスク、月刊「文藝春秋」編集部、ノンフィクション局第一部長などを経て、2012年より「週刊文春」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

240
一応ビジネス書だけど、再現性は低め。週刊誌の編集者という特異な立場もそうだけど、それ以上に新谷氏がはじめから「物おじしない性格である」というのが最大の問題だろう。もちろん、チームマネジメントやコミュニケーションの極意などで学ぶべきところは多いが、一昔前のアツいオジサン臭さは感じる。なので、自分の仕事に活かせるというよりも、週刊文春がスクープをつかむためにやっている努力がわかったり、いかにテレビなどのマスメディアがしがらみのせいでネットメディアに負けているかの構造的な問題を明るみに出している本でもある。2018/03/04

あすなろ

92
結論から言おう。かなり面白かった。僕は週刊誌は買わないし、芸能ネタ等もそこまで興味なし。しかし、リーダー論・雑誌というメディアのスタンス・人付き合い等、興味深い。特にリーダー論は勉強になった。そしてTV新聞の不自然な情報選別も触れている。例えば、僕は知ってましたが、EXILEがレコード大賞を金で買ってたこと、なんでTVでは触れないのか?等々総称し、この編集長は言う。週刊誌は、クラスの人気あるいじめっ子であれ、と。ナルホド。2017/04/30

Willie the Wildcat

43
業界や役割は異なれど、社会人としての勘所は同じ。対外的には信頼関係、対内的には直感力という印象。語り口は時に乱暴なれど、これらの柱を大切にしている姿勢に著者の人柄を感じる。加えて、働く目的を問う姿勢と道を切り拓く姿勢に共感。言葉にすると「酒のつまみ」と「サプライズ」となるのでしょうね。(笑)最も記者魂を感じさせたのがSir. Charles。文字通り”どうなるか”ではなく、”どうする!”。主体性を持った言動に好感。但し業界によっては、この押しが仇となる可能性もあり、力加減は要注意かな。(笑)2017/04/11

はるき

41
怖いもの見たさで読んだら、思いの外、いや、かなり面白かった。食わず嫌いならぬ読まず嫌いは良くありませんね。世間を騒がす文春砲が出切るまでを編集長の一人語りで解説する。文章が上手いし、毒気は微塵もないのがビックリでした。記事にも読者にも、身内にもフェアであることが勝利の秘訣。納得です。2017/04/28

vinlandmbit

40
想像以上に他の仕事にも通ずる理念が多く、学び多い一冊、かつ普段垣間見ることのできない世界の一端も知ることができました。人生フルスイングは同意です。2021/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11580555
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。