最高品質の会議術

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

最高品質の会議術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月28日 15時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478100547
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

出版社内容情報



前田 鎌利[マエダ カマリ]
著・文・その他

内容説明

「30分会議」で、チームの生産性2倍!ソフトバンク在籍時に効果を実証!最速PDCAで最強チームをつくる「マネジャーの技術」。

目次

第1章 会議の対価は「意思決定」である(「会議のパフォーマンス」を最大化する基本;自分の「意思決定権限」を把握する ほか)
第2章 「30分会議」の設計図(定例会議は「30分」が原則である;「議題の事前提出」で会議をコントロールする ほか)
第3章 会議を変える「1枚のサマリー」(「1枚のサマリー」で提案をまとめる;「ワンテーマ」に絞ってシンプルな議題にする ほか)
第4章 会議を活性化する「対話術」(2つの「ブレスト会議」を使い分ける;「アイデアの連鎖」が始まる会議の技術 ほか)
第5章 上層部の意思決定を「攻略」する(上司とのミーティングで「信頼」を勝ち取る;「コミュニケーション」は上司に合わせる ほか)

著者等紹介

前田鎌利[マエダカマリ]
1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。その卓越したプレゼン力を部下に伝授するとともに、チーム内の会議も改革。次々とプロジェクトを成功させた。その後、その実績を評価され、ソフトバンク子会社の社外取締役をはじめ数多くのプロジェクトを任された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー株式会社、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、UQコミュニケーションズなどで会議術の研修も実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろき@巨人の肩

110
課長を対象とした「会議」をマネージメントに活用する方法。会議は「1円」たりとも生み出さないコストであり、目的は「意思決定」すること。30分会議を繰り返し「70%の意思決定」で最速PDCAを回して完成度を高める。「意思決定」の3大ポイントは、財務視点、実現可能性、企業理念との整合性。定例会議においては、スケジュール、進捗管理フォーマットや、議題共有、議事録のフォーマットが参考になった。ブレスト会議も「アイデア会議」と「Q&A会議」を使い分けられるという視点は学びとなった。2021/06/16

コージー

52
★★★★☆生産性を高め品質を上げるための「会議術」。ソフトバンクから独立し、会議の研修を実施している著者。孫正義がつくった経営指針「孫の二乗の兵法」も参考にしている。会議のセッティングやプロセス、ファシリテート、根回しなど多岐にわたる内容。「すごい会議」のように手法が傾倒しているわけではないので、そもそもから始めたい方にはオススメ。【印象的な言葉】①意思決定こそが会議の本質。②「ヒト」ではなく「コト」に向き合い、コミュニケーションする。③ブレスト会議の参加人数は「7±2」。 2018/07/13

d2bookdd

27
『社内プレゼンの資料作成術』とワンセットとの事。私が随分と期間を空けて両書を読んでしまったので、『社内〜』で感銘を受けたのに、忘れてしまっていた事、本書で再び感銘しました。両書に多少の重複はあるような気がしますが、重要なポイントが重複しているのだと思います。高い視点から見た、今の立場ですべき行動、周りにも伝えながら推進します。2021/11/06

riviere(りびえーる)

16
ダラダラ・モヤモヤケース会議を改善したいため読了。「30分会議」の言葉にも惹かれた。・少人数ミーティング・1枚のサマリー・ワンテーマに絞る・資料は「13文字以内」の「箇条書き」・社内ネゴシエーション。うーんやっぱり準備8割当日2割ってことなんだよね。読友さん紹介本。2020/07/14

すずひら

9
「会議の本質は意思決定」という大前提をもとに、会議の品質を高めるためのノウハウが色々と書かれている。 類書で多く語られている会議や思考の手法の、著者ならではの実践編という感じ。 どう実践すると効果的なのかは人それぞれある中で、個人的にはノウハウはあまり響かなかった。 ただ、「会議それ自体は1円も生み出さないのだから、会議には最も厳しいタイムマネジメントを課すべき」という言葉にはハッとした。明日から無駄な会議は全てサボろうと思う。2019/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12715252

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。