論語と算盤と私―これからの経営と悔いを残さない個人の生き方について

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

論語と算盤と私―これからの経営と悔いを残さない個人の生き方について

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 13時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 368p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478069059
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0034

出版社内容情報



朝倉 祐介[アサクラ ユウスケ]

内容説明

15歳で騎手を目指してオーストラリアへ。紆余曲折ののち、マッキンゼー、スタートアップ経営を経て、ミクシィ代表としてV字回復を牽引した、希代の若手リーダーによるシリコンバレー発、新時代のしなやかな経営論。NewsPicks人気連載、待望の書籍化!

目次

第1章 職業としての経営者とリーダーシップ
第2章 集団・企業が陥る自己矛盾
第3章 起業・スタートアップの環境変化
第4章 成熟・衰退期を迎えた企業の処方箋
第5章 既存企業のイノベーションに対する渇望
第6章 資本市場に翻弄されないために
第7章 個として独立するための原則と心意気

著者等紹介

朝倉祐介[アサクラユウスケ]
1982年生まれ。兵庫県西宮市出身。中学卒業後に騎手を目指して渡豪。身体の成長に伴う減量苦によって断念。帰国後、競走馬の育成業務に従事した後、専門学校を経て東京大学法学部卒業。在学中にネイキッドテクノロジーを設立。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、ネイキッドテクノロジーに復帰し代表に就任。同社の売却先となったミクシィに入社後、2013年より同社代表取締役に就任し、業績の回復を機に退任。2014年よりスタンフォード大学客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デビっちん

20
労働、財、資本という多義性とフィクション性に満ちた会社にどう向き合い、個人としてどう生きるかを元mixi社長で新進気鋭の若手経営者が解説してくれています。経営は客観性や合理性とはまた別の世界に「占い師」とも言えるような意思決定とリーダーシップが必要という表現に人間としての存在意義に勇気をもらいました。もう1点面白かった感想はブログに記載してみました。http://www.kousokutairyoinfo.com/entry/2017/06/02/150000 +変化を拒んでいませんか?2017/06/13

nekozuki

16
騎手養成学校→調教師→東大→Mck→ミクシィという異色の経歴からも非常にベースの能力が高いことが窺われ、価値観が変に固まっておらず著者の視点は勉強になる点が多い。経営に対する視点やキャリアに対する考え方など、自身の経験に基づいた主張ではあるものの納得感は大きい。ただし、上記ハイスペックに依拠した上で相当の努力をされているようにお見受けするので、他の人が全て言葉通りに実践できるかは別問題。2018/08/15

mitsu44

15
元ミクシィ社長朝倉氏のNewspicksでの連載をまとめたもの。騎手への挑戦、東大、コンサル、スタートアップ、ミクシィ、スタンフォード客員教授。日本一クラスの経歴を持つ30代前半の方だと思います。 内容は経営者のこと、取締役や投資家、さらにコーポレートガバナンスについて。実際に体験した上で書かれてるので説得力があり、かつ文章が柔らかいので読みやすい。FC今治オーナー岡田武史氏のコラムはそれだけで読む価値ある。様々な言葉が出てくる中で、マークトゥエインの名言と3ヶ月前は黒歴史と思えるスピードが好きです。2016/11/19

ゆうすけ

6
著者と同い年ですが、本書には参りました。リーダーシップとプロフェッショナルについて考えるには最良の書ではないでしょうか。個人的には第2章「集団・企業が陥る自己矛盾」が特に面白かった。第3章はファイナンス的な内容で少し難しい。修羅場経験の数も半端ないゆえ、とても説得力がある。また節々に引用される名言も使い方がとてもうまい。文章も読みやすい。どうやったらこれだけの知識と経験を身に付けられるのか。漫然と生きていてはダメだと痛感しました。朝倉さんには是非最前線の企業経営に復帰して欲しいと思いました。2020/08/28

帯長襷

2
2回目であり、経営学をそこそこ学んでくると、本の見え方も変わるもの。そこで学んできたはずのことが覆される…。「ゴーイング・コンサーンはフィクション」といこと、「志は低くていい」「良いサービスが勝つのではなく、勝ったサービスが良い」「逆さ柱で完成させない」「(イノベーションを起こす)異端児が(ビジネスの)セオリーを遵守する必要はない」…。きっと守破離の守じゃなくて破とか離のことよね…?良い馬を見極められる名伯楽を目指したい…2020/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11187030

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。