ゼロイチ―トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

ゼロイチ―トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月15日 23時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068250
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0034

内容説明

Pepper元開発リーダー初の著書!会社で「新しいコト」を実現する22のエッセンス。必要なのは、才能より練習だ!「0」から「1」を生み出す思考法!

目次

第1章 「失敗」の向こうにゼロイチはある(「エース級」でないからチャンスが来る―ゼロイチはビジネスパーソンの「ブルーオーシャン戦略」;「おっちょこちょい」は美徳である―「悩む」より「やってみる」のが成功の秘訣 ほか)
第2章 ゼロイチの主戦場は「無意識」である(「不満」の多い人ほどゼロイチ向き―「不満」や「違和感」には、驚くべきゼロイチが隠されている;「制約条件」こそアイデアの源である―「自由な場所」にゼロイチはない ほか)
第3章 「アイデア」だけでゼロイチは不可能(「組織」は使わせていただくもの―「サラリーマン」がゼロイチに向き合う基本スタンス;「無理難題」こそチャンスである―魂のこもった「トップダウン」がゼロイチの根源 ほか)
第4章 「物語」がゼロイチのエンジンである(「ゴール」がゼロイチの成否を決める―ユーザーの「隠れた願望」をゴールに設定する;「物語」がゼロイチのエンジンである―魅力的な物語があれば、必ず「協力者」は現れる ほか)
第5章 「効率化」がゼロイチを殺す(「効率性」とは危険な言葉である―「意味のある無駄」を最大化する;「失敗してない」のは危険な兆候―「安全圏」にいたら凡庸なものしか生み出せない ほか)

著者等紹介

林要[ハヤシカナメ]
1973年愛知県生まれ。東京都立科学技術大学(現・首都大学東京)に進学し、航空部で「ものづくり」と「空を飛ぶこと」に魅せられる。東京都立科学技術大学大学院修士課程修了後トヨタに入社し、同社初のスーパーカー「レクサスLFA」の開発プロジェクトを経て、トヨタF1の開発スタッフに抜擢され渡欧。「ゼロイチ」のアイデアでチームの入賞に貢献する。帰国後、トヨタ本社で量販車開発のマネジメントを担当した際に、社内の多様な部門間の調整をしながら、プロジェクトを前に進めるリーダーシップの重要性を痛感。2015年11月にロボット・ベンチャー「GROOVE X」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

インターネット、IoT、人工知能…。社会の大転換点にある現代、昨日の延長上に未来はない。ペッパー初代開発リーダーが明かす、トヨタ、ソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法!会社のなかで、サラリーマンとして、「ゼロイチ」を実現する40のルール!

林要[ハヤシカナメ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件