絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 00時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478067499
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

内容説明

会社が儲かる体質に変わる4つのステップ。(1)値段を上げる。(2)客層を変える。(3)情報を加える。(4)経営を回す。

目次

序章 「値上げ」がいいこれだけの理由
第1章 最初は「値段」だけを上げる―「値上げ」こそが正しい経営手法である
第2章 「値段」を上げると「顧客」が変わる―高く売るための最低限の知識「消費」と「価格」
第3章 「価値」を付加すれば、さらに「値段」は上げられる―情報の「伝え手」になる必要性
第4章 80円のまんじゅうを250円で売ったら、なぜお客が増えたのか?―「値上げ」にも方法があり、「価値」を伝える手順がある
第5章 値上げのプレゼンをどのように成功させるのか?―質問を駆使したクロージング
第6章 値上げの最大の目的は「時間」を作ること―経営サイクルを伸ばし、価格競争せず自社の努力で勝てる経営へ

著者等紹介

石原明[イシハラアキラ]
日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。ヤマハ発動機株式会社を経て、外資系教育会社代理店に入社。約6万人のセールスパーソンの中で、トップクラスの実績を収める。「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞後、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「高収益トップ3%倶楽部」には、全国延べ4500社が参加。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は累計ダウンロード数2200万回を超えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

82
値段は原価、販売管理費、粗利を積み上げて「下」から決めるものではない。商品やサービスを使うことで得られる価値を、経営者が「上」から説くことが肝要。費用と利益がすぐに分かるような商売は、競争がキビしい (><)2015/10/30

ひろ☆

16
なるほどと思ったのは、大きく2つ。値上げとは、価値に見合った金額で売ること。と、ネットでの買い物は楽しくない。値上げによって、会社の大きな利益が見込まれる。会社が前進し、良客だけ残る。イメージできる具体例があったので、とても分かりやすかった。そして、こないだ、久々に洋服を買うのに、あっちのお店、こっちのお店と回り、これだと思うものが買えた時は、この1日の時間は充実してたと思った。ネットであれこれ調べて、注文して、すぐ届くのに慣れていたので、新鮮!2015/11/06

15
「今日の努力が今日の売上を生むと共に未来の売上も生んでいる」値上げをし、時間に余裕がうまれたら新しい仕組みの取り組みを考え、実行する。 第5章は実践的内容でキモかと。B to Cはイメージしやすいと思うが、B to Bがなかなか難しいか。繰り返し読んで、実践。2015/09/16

ピクシー93

3
さすが石原さんという本。バイブルにします。2015/10/08

みちぇ

1
値上げによるメリットと具体的な方法を紹介。仕事先が良いものをより安くという考えだったので、衝撃を受けた。 確かに高いほうが同じ売り上げでも、利益率は高くなり販売する個数が少なくなる。 非常に当たり前の事なのだが、これをやるかやらないのかが、今後企業を発展できるかどうかに繋がっているのだろう。2017/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9838880

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。