いま世界の哲学者が考えていること

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

いま世界の哲学者が考えていること

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 17時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478067024
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

出版社内容情報



岡本裕一朗[オカモトユウイチロウ]

内容説明

いつまでも「哲学=人生論」と思っているのは日本人だけ!人工知能、遺伝子工学、格差社会、テロの脅威、フィンテック、宗教対立、環境破壊…「世界最高の知の巨人たち」が現代のとけない課題に答えをだす。

目次

序章 現代の哲学は何を問題にしているのか
第1章 世界の哲学者は今、何を考えているのか
第2章 IT革命は人類に何をもたらすのか
第3章 バイオテクノロジーは「人間」をどこに導くのか
第4章 資本主義は21世紀でも通用するのか
第5章 人類が宗教を捨てることはありえないのか
第6章 人類は地球を守らなくてはいけないのか

著者等紹介

岡本裕一朗[オカモトユウイチロウ]
1954年、福岡に生まれる。九州大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。九州大学文学部助手を経て、玉川大学文学部教授。西洋の近現代思想を専門とするが、興味関心は幅広く、領域横断的な研究をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

233
おもしろかったけど、想像以上に難しかった。特に前半の現代哲学のパートは、近代哲学についてある程度の知識がないと、なかなか読むのは辛いかもしれない。しかし後半、人工知能や資本主義、宗教と国家、環境保護などについて現代哲学の研究者がどういう意見を持っているのかということを知るのは楽しい。「おわりに」でも書かれているように、本書を通じてとくに著者のメッセージがあるわけではないが、様々な主張を読んでいると、現代もまた歴史の中にあるのだと認識できる。2018/08/11

かみぶくろ

107
IT革命・人口知能・バイオテクノロジー・資本主義・宗教・環境問題と、社会を根本から変えていきそうなトピックについて、世界の哲学者がどんな風にアプローチしているかが概括的に分かる本。非常に興味深い内容のオンパレードだったが、掘り下げはなく、あくまで導入本の立ち位置。ポストモダン以後の哲学者にどんな人がいるのかが分かったのも収穫かな。2016/12/24

舟江

80
時代が大きく転換するとき、哲学が活発に展開されているのが分かります。そして今まさに、BT (バイオ・テクノロジー)革命、とIT (インフォメーション・テクノロジー)革命の真っただ中にいます。でも一番衝撃的だったのは、「人口は10億人位がちょうどよく、さまざまな動植物の保存が必要なように、さまざまな人間文化の保存も必要です。」という考えだった。2017/08/29

けんとまん1007

64
今ほど哲学が必要とされている時代は、ないのではないかと思う。そう言いながらも、哲学とは・・・との問いには答えられない。それでも、必要性を感じるのだ。そもそも、根本はということを考えるには、哲学が必要だと思う。人生哲学という言葉もあるくらい。今、旬なキーワードについて、哲学者がいろいろ重要な発言をしていて、興味が尽きない。IT、BT、経済、どれも重要なファクターである。こういう本が、もっともっと増えてくれるといいのだが。2017/04/20

カザリ

55
むずかしい、、、というよりガイドブックとして読めばいいのかも。現代的な問題をざっくり解説する雰囲気の構成だけれど、基礎的な知識がないと読めないので、まったく初心者向けではないかな、と。ざっくり概観するためにはいいけど、それも予備知識たっぷりの人を対象にしている気がします。。で、そうした人にはこの本はライトすぎるかな。。つまり、読者対象がちょっとわからないという(笑)2017/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11154970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。