ヘンタイ美術館

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

ヘンタイ美術館

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 23時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 301p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478066089
  • NDC分類 723
  • Cコード C0033

出版社内容情報

この「ヘンタイ美術館」は、美術評論家・山田五郎さんを館長に見立てた架空の美術館。美術に興味はあるけれどよくわからなという方々に向けた西洋美術の超入門書。「ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ。一番のヘンタイは誰?」教科書的な知識より、こんな知識の方が実はビジネス会話でも使えたりするのです。

内容説明

誰が一番ヘンタイか?ルネサンス、バロック、新古典、ロマン、写実、印象派まで。12人の天才が集まってガチンコ対決!

目次

1 ルネサンス三大巨匠―いちばんのヘンタイは誰!?(三大巨匠、とりあえずいちばんエライのは誰だ!?;ダ・ヴィンチは一発屋!? ほか)
2 やりすぎバロック―誰がいちばんToo Much!?(豪華すぎ!派手すぎ!ドラマチックすぎ!バロック文化;エロいか?エロくないか?バロック彫刻の劇的演出 ほか)
3 理想と現実―どっちがヘンタイ?(社会もアートも解体!?激動の時代を生きたヘンタイたち;コテン古典のラスボスキャラ!?ドミニク・アングル ほか)
4 2文字ネーム印象派―ヘンタイ王者決定戦(マネは「たけし」で印象派は「たけし軍団」;実は古典リスペクト!物議を醸した『草上の昼食』 ほか)

著者等紹介

山田五郎[ヤマダゴロウ]
評論家。1958年東京生まれ大阪育ち。映画を学ぼうと上智大学新聞学科に入るが西洋美術史に興味を持ち、オーストリアに遊学。帰国後、出版社に就職。雑誌編集者として働く

こやま淳子[コヤマジュンコ]
コピーライター。京都生まれ。早稲田大学卒業後、博報堂などを経て独立。宣伝会議講師なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

170
ミケランジェロは筋肉フェチのワーカホリック。セルライト歓迎、ぽちゃロリ大好きなデブ専ルーベンスなど西洋絵画の巨匠たちがヘンタイ度を競ってます。「フェルメールがわからないので、よくわからないですけど…」「わかろうよ!そこは!」山田五郎さんとこやま淳子さんの掛け合いが楽しくするする読めました。それでいてルネサンスから印象派までの流れもよくわかります。肩の力が抜けるゆるゆる美術史解説本。はぁ~笑った~。面白かった〜。2020/06/03

マエダ

100
勝手にお堅い本と思いこんでいたが、会話形式の砕けた形のもので読みやすい。時系列をみて解説してくれているところも非常にわかりやすい。2016/12/11

ハイランド

99
四つの時代の代表的な三人の画家を取り上げ、誰がヘンタイかを論ずる画期的(?)な美術論。あまり取り上げられることがない画家周辺の下世話な話は興味深く読めた。中でもクールベに興味をそそられた。何とも鬼畜な所業だのう。画家というのは、ドラマチックな人生を送っている人間が多いとは思っていたが、ここに取り上げられた十二人はまた凄いものがあった。五郎氏のヘンタイの定義はサブカルらしく、屈折が必要らしいのだが、明るくまっすぐなヘンタイがあってもいいじゃないか。R15指定じゃないの?というエロ描写も楽しい(おいおい)。 2018/04/28

アキ

98
最近はまっているyou tubeで「山田五郎のオトナの教養講座」と構成はほぼ同じだが、ルネサンス・バロック・19世紀フランス・印象派の4つの時代に代表的な画家3人を並べ、誰が一番ヘンタイかということを語る視点がチョー面白い。いつの時代にも常識にとらわれない行動をする人はいますが、絵にまつわるエピソードや画家同士の関係も興味深い。マネとモリゾの微妙な関係への妄想もその通りだったのかもしれません。改めてここに出てくる画家は全員男であり、エロが話題になるのは当然ですし、山田五郎節は快調に突きぬけてくれています。2021/05/18

スパシーバ@日日是決戦

96
{2015年} 「遠近法」「陰影法」が特徴的な技法で、ダ・ヴィンチではなくラファエロが西洋古典絵画の代名詞であるルネサンス。動きのある瞬間をとらえて光と影の対比「キアスクロール」や「テネブリズム」でさらにドラマチックに演出したバロック。王政や教会の権威が失墜し大衆市場で売買することが普通になった新古典派、ロマン主義、写実主義。「黒」を使わないのが特徴、筆触分割(筆の跡をそのまま置いていく、絵の具を混ぜずにそのままの色で使う)印象派。ちなみに「遠近法」「陰影法」を否定したマネは、印象派に属さないそうです。2016/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10013305

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。