グレートカンパニー―優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

グレートカンパニー―優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478039618
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

内容説明

『ビジョナリー・カンパニー』に並ぶ永続企業の原則を解き明かす一冊。

目次

第1章 「グレートカンパニー」が持つ成功し続ける条件とは何か
第2章 なぜ経営者は財務諸表だけを眺めていてはいけないのか
第3章 永続企業の第一の条件 チーム全体の信頼を高める
第4章 永続企業の第二の条件 変化に対応し続けるための「知性」を育てる
第5章 永続企業の第三の条件 失敗を恐れないチームをつくる
第6章 永続企業の第四の条件 他社には真似できない「テイスト」を生み出す
第7章 永続企業の第五の条件 心に響くストーリーの語り手になる
結論 データと感性の融合が最強のチームをつくる

著者等紹介

カールガード,リッチ[カールガード,リッチ] [Karlgaard,Rich]
『フォーブス』発行人、人気コラムニスト。アントレプレナーとしても数多くの起業を成功させている。ベンチャー投資家。2004年に刊行された『Life2.0』は『ウォールストリート・ジャーナル』紙でビジネス書・ベストセラー・リストに入った。起業家としては『アップサイド』誌や、ガレージ・テクノロジー・パートナーズ社、チャーチル・クラブを共同で創設している。アーンスト&ヤング社のアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。スタンフォード大卒。シリコンバレー在住

野津智子[ノズトモコ]
翻訳家。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

81
本当に優れた企業は業績に関する数字以外に重視するものがある。◆成功するためには➀戦略的基盤②ハードエッジ③ソフトエッジの3つが必要で。今はハードエッジを重視する人が多いが、無視されがちなソフトエッジで卓越することが重要である。◆戦略的基盤:市場、顧客、競合、競争優位、変革 ◆ハードエッジ:スピード、コスト、サプライチェーン、流通、資本効率 ◆ソフトエッジ:信頼、知性、チーム、テイスト、ストーリー2019/11/05

Kiyoshi Utsugi

24
図書館で借りて読んでみました。 企業の持続的競争優位を導くものとして、 ①戦略的基盤 ②ハードエッジ  スピード、コスト、サプライチェーン、流通、資本効率としてます。 ③ソフトエッジ  これらがこの本の中のメインとなるもので、これがグレートカンパニーが持つ成長し続ける条件としています。  信頼、知性、チーム、テイスト、ストーリー そして、この5つについて、それぞれに章を設けて解説しています。 ケーススタディがアップルの話であったり、フェデックスの話であったりで、結構面白かったです。2020/11/14

イノベーター

11
『エクセレントカンパニー』『ビジョナリーカンパニー』の焼き直し… 2015/10/29

太鼓

9
結局やる気ですよ。人間である以上、気持ちをおろそかにしてはいけないんだ。2016/03/10

Katsumasa Kishi

7
原題はソフトエッジ。財務諸表、資本効率、スピードといった数値化できるハードエッジな指針のみならず、信頼、知性、チーム、心に響くストーリといったソフトエッジが企業を永続させることを説く。日本企業も数字でしか語れなくなっているのだが、信用や知恵、創意工夫という十八番芸が、勤勉さに裏付けられたハードエッジと結びついてこそ、素晴しい企業になり得るのではなかろうか。2017/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9851167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。